サクラセブンズ・北九州セブンズ速報フォトレポート | ラグビージャパン365

サクラセブンズ・北九州セブンズ速報フォトレポート

2019/04/21

写真●大友信彦


熱戦が繰り広げられている、HSBCワールドセブンズウィメンズシリーズ・北九州大会に出場している、サクラセブンズの熱い戦いを速報レポート。

第2日、第1試合はチャレンジトロフィー準決勝、フィジー戦

第2日、第1試合はチャレンジトロフィー準決勝、フィジー戦

 

平野優芽がステップで切り込む

平野優芽がステップで切り込む

 

堤ほの花が右隅に先制トライ

堤ほの花が右隅に先制トライ

 

5-7と逆転された前半7分、左ゴール前ラインアウトを中村知春が確保

5-7と逆転された前半7分、左ゴール前ラインアウトを中村知春が確保

 

相手タックルを受けながら平野優芽が逆転トライ

相手タックルを受けながら平野優芽が逆転トライ

 

トライを決めた平野を長田いろはが迎える

トライを決めた平野を長田いろはが迎える

 

大黒田裕芽のコンバージョンが決まり12-7とリードして折り返す

大黒田裕芽のコンバージョンが決まり12-7とリードして折り返す

 

ハーフタイムの円陣

ハーフタイムの円陣

 

しかし後半はフィジーがキックオフで抜群のキャッチングをみせ、常にボールをキープ。3連続トライを奪われ12-28とリードされる

しかし後半はフィジーがキックオフで抜群のキャッチングをみせ、常にボールをキープ。3連続トライを奪われ12-28とリードされる

 

平野優芽から大黒田裕芽へのオフロードパスが通らず

平野優芽から大黒田裕芽へのオフロードパスが通らず

 

先制トライの堤も徹底マークにあい走るスペースが見つからない

先制トライの堤も徹底マークにあい走るスペースが見つからない

 

高3の松田凜日は厳しいタックルを浴びながらも頑健に前に出た

高3の松田凜日は厳しいタックルを浴びながらも頑健に前に出た

 

12-28で迎えた後半終了直前、伊藤優希がトライを返すが、17-28で日本はチャレンジトロフィー準決勝で敗退。次は15:04から中国との11/12位決定戦に臨む。

12-28で迎えた後半終了直前、伊藤優希がトライを返すが、17-28で日本はチャレンジトロフィー準決勝で敗退。次は15:04から中国との11/12位決定戦に臨む。

 

敗れたが福岡の子供たちはのサクラセブンズへの熱烈応援は最後まで続いた。試合後、サインに応じる松田凜日と長田いろは

敗れたが福岡の子供たちはのサクラセブンズへの熱烈応援は最後まで続いた。試合後、サインに応じる松田凜日と長田いろは

 

大友信彦
(おおとものぶひこ)

1962年宮城県気仙沼市生まれ。気仙沼高校から早稲田大学第二文学部卒業。1985年からフリーランスのスポーツライターとして『Sports Graphic Number』(文藝春秋)で活動。’87年からは東京中日スポーツのラグビー記事も担当し、ラグビーマガジンなどにも執筆。

プロフィールページへ


 

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ