ラグビーワールドカップ2015観戦記―第1章・エディージャパンの勝利を期待してイングランドへ | ラグビージャパン365

ラグビーワールドカップ2015観戦記―第1章・エディージャパンの勝利を期待してイングランドへ

2020/04/15

文●斉藤健仁


ラグビージャパン365創刊からご寄稿いただいている、スポーツライターの斉藤健仁さんが2016年に発表した「ラグビーワールドカップ2015観戦記」を特別に公開します。

エディー・ジョーンズHC(現・イングランド代表HC)率いる日本代表の戦い57試合全て現地で取材し迎えたワールドカップ2015・イングランド大会で何が起きたのか--全7回に渡ってたっぷりと観戦記をお楽しみください。

(文章は当時のままを掲載しております。※初掲「ゆるすぼ」2016年4月)

イングランドへの旅立ち

大学を卒業した後、サラリーマンで営業職を経て、スポーツライターになって20年ほどになります。ラグビーと主に欧州サッカーといった「フットボール」を中心に取材、執筆する日々です。

ラグビーに関しては2003年のワールドカップ(以下W杯)から取材し、4大会目の2015年のW杯で、やっと日本代表の勝利を目にすることができました! まさかその相手が南アフリカになるとは夢にも思っていなかったのですが……。

実は、名将・エディー・ジョーンズが日本代表の指揮官に就任した2012年から、ホームも含め、アウェーもすべて現地で57試合を敢行しました。「世界的名将の、あのエディーが率いるチームだから何かやってくれるはず!」という期待感が大きなモチベーションとなっていました。

2015年W杯で何が起きたかを中心に記事(日記?)を書いていこうと思います。第1回目は「準備編」です。


W杯のような大きな大会になると、まず取材許可(アクレディテーション)を得ることがフリーランスとしての重要な仕事になります。2015年大会は2月から登録がはじまり(4月末が締め切り)、5月くらいにはその返答が来るはずだったのですが、全然来ない……。

返信が来たのは7月に入ってからでしたが、「日本代表戦4試合取材OK」を見て、ホッとしたことを覚えています。

その後は飛行機、電車や宿を予約する作業に入ります。当時は1ポンド=190円くらい(現在は130円ほど)でした。「仕事とはいえ海外にたくさん行けてうらやましい!」と何度もなく言われたことがありますが、「全部自費ですよ!」と答えるとほとんどの人は驚かれます……。


W杯本番前に、まず9月5日にW杯直前の最後のテストマッチである日本代表対ジョージア代表(@イングランドのグロスター)の取材にいかなければなりませんでした。開幕戦の18日までの間をどうするか悩みましたが、結局イングランドに居続けることを決めました。

ただ、日本代表の予選プールの最終戦は10月11日でしたが、決勝トーナメントに進出すれば17日か18日に準々決勝があります。少し割高でしたが、帰りの航空券は数万円払うと日時変更可能の「オープンチケット」で予約しました。日本代表チームが「ベスト8が目標」だったので、そうなった場合にも対応できるようにしていました。

その後は、どうやってイングランドの中を移動するかを考えました。日本代表はグロスター→ブリストル→ブライトン→グロスター→ウォーリックなどと移動していきます。そこで、便利だったのは「ブリットレイルパス」です。2013年の日本代表のイングランド、ウェールズ遠征の時も使用しました。

3日や8日、といった連続で使用する場合や1ヶ月の中で何日などのタイプがありますが、一定期間、イングランド中の電車が乗り放題となります! 結局1ヶ月で8日間乗り放題のチケットを購入しました(外国旅行者専用なので、イギリスの外からしか買えません!)。

しかも今回は一等車のチケットを買いました。二等車でも移動自体はまったく問題ないのですが、今回は大きな荷物を持っていたこと、当初は、大会中に旅行も少ししたいなと思っていたこと、さらに一等車の席は大きく、路線によってはwifiがつながり、大きな駅にはラウンジがあって、スナックやジュース、コーヒーが置いてあることなどが理由でした。

ラグビーのW杯は、ほかの競技と比べて、試合間隔が長いのが特徴です。今回のW杯の日本代表も9月18日が初戦で、2試合目こそ9月23日でしたが、3戦目は10月3日、4戦目が10月11日でした。

本来ではあれば、日本代表戦以外の試合取材や、北イングランドのスタジアム巡りを予定していましたが……(実際にはすべてキャンセルしなければならなくなりました)。


試合のメンバー発表は2日前で、試合が終わった翌日も囲み取材があります。結局、9月10日から21日までは南アフリカ戦が行われたブライトンの隣町・ホーヴでホームステイをすることに決めました。

比較的安かったことと、洗濯機があることが決め手でした。しかも、ホーヴからバスでブライトンの中心地や、日本代表の合宿地となった学校までも1本で行けたので便利でした。

ホーヴ以外のほかの宿も予約していき、ネット環境は、イングランドで格安SIMを買えることがだいたいわかったので、現地調達と決めて、準備は終えることができました。

ただ、何が起きるかわからないので、パソコンは2台、カメラも2台とスーツケースに詰めていきます。120リットルくらいの容量の大きなスーツケースはパンパンとなり、「大丈夫かな?」と思ったのですが、やっぱり重量オーバー。空港で詰め直しを命じられることになりました……。

空港カウンターで荷物を詰め直し、無事にチェックイン。1ヶ月以上にわたる、イングランド・ラグビーワールドカップの旅が始まりました!


日本からイングランドには9月4日に出発し、時差の関係で同日に到着しました。まだW杯開幕まで時間があるのでラグビー関係者はいないかな?と思っていたのですが、イギリス遠征に行く帝京大ラグビー部と同じ飛行機でした(苦笑)。

しかも、席が元日本代表PRで帝京大とパナソニックでスクラムを指導している相馬朋和コーチ(現パナソニックHC)の前でした……。そのとき相馬コーチの「(日本代表には)堀江(翔太・副キャプテン)がいるから大丈夫でしょう!」という発言が心強かったです(※堀江選手は帝京大OBでパナソニックのキャプテンです)。

日本代表は9月5日、W杯でスコットランド代表とアメリカ代表と対戦する会場でもあるグロスターのキングス・ホルムスタジアムで、直前最後の真剣勝負(テストマッチ)としてジョージア代表と試合を行いました。

2年前にも日本代表が試合をしたので行ったことがあったのですが、今回は荷物も大きかったこともあり、ヒースロー空港からバスで移動することに決めました。一日、何本もありましたし、インターネットで予約もできたので、割と便利でした!


まず、既知の街だったこともあり、翌朝、すぐに携帯ショップへ行き、30ポンドで1ヶ月使用できるSIMを購入。SIMフリーの「ネクサス5」を持っていったので、すぐに使うことができました。通信速度は日本ほどLTEは速くはなかったですが、これで地図も見られるし電話もメールもできます。これでやっと一安心です。

宿はスタジアムもグロスターの駅まで歩いて10分くらいの好立地でした。予選プール4戦目のアメリカ代表戦の夜の宿が予約できていないので、宿のおじさんと交渉してみました。ネットでは、もちろん売り切れという状況でした。

ジャパンにとって大きな自信につながったジョージア戦

ジャパンにとって大きな自信につながったジョージア戦

ただ宿の店主はラグビーが大好きで、地元のクラブであるグロスターは日本代表と同じ赤と白のストライプのユニフォームで、愛称は「チェリーアンドホワイツ(Cherry and Whites)」です。そのためか、日本代表に親近を持っているようで、優しくしてくれました。

おじさんは「他にも日本人のメディアが泊まっているよ!」、W杯期間中は「○○選手と○○選手の奥さんが泊まっているよ」と教えてくれたりしました。

そこで直接、おじさんにアメリカ代表戦の夜、宿が空いているか聞いてみると「空いているよ!」と返答がありました。ただし一泊約100ポンドと倍の金額でしたが、夜10時に終わる試合なので、予約することにしました。

さて、日本代表対ジョージア代表戦は日本代表が13-10で逆転勝ち! 昨秋、まったく歯が立たなかったスクラムで互角に戦い、W杯におおいに弾みがつく試合となりました。

翌9月6日には日本代表の一次合宿地であるブリストルに向かい、私もブリストルに移動しました(ブリットレイルパスの有効期間は1ヶ月なので、まだ使っていません)。

ブリストルでは駅の近くの宿に泊まっていましたが、日本代表の練習していたブリストルの練習場まではバスで40~50分でした。ただ、事前に駅前からグラウンドの前までバスがたくさん出ているということを調べていたため、バスの1日券(だいたい大きな街にはあります)を購入し、問題なく行き来することができました。

まだまだ日本代表の注目度は低く、日本のメディアが私を入れて4社ほどで、現地のメディアは0という状況でした。五郎丸歩選手のキック練習を最後まで見ていたのは私ひとりという日もあったほどです(しかもこの日の練習は調子が悪かった……)。

そして9月11日、ついに日本代表がワールドカップ初戦の地であるブライトンに移動しました(1日前に移動しました)。その夜、歓迎式典があったのですが、ワールドラグビー(旧IRB/サッカーのFIFAのような国際的な統括組織)の会長から記念のキャップとメダルを授与されて選手たちは喜んでいて、「いよいよワールドカップが始まる」という興奮とうれしさで笑顔を見せていました。

少しはしゃぎ過ぎている選手たちを見て「喜びすぎでは?」と危惧したくらいでした。一方で、日本代表を率いるエディー・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)が、式典後の囲み取材で、憮然とした表情で「バカにされた!」と怒りをあらわにしていました。

実は式典の中で、過去のワールドカップを振り返りと日本代表の過去のワールドカップの活躍した姿(1991年のジンバブエ代表選や、2007年のカナダ代表戦)などが映像で流されました。過去のワールドカップの映像ではジョーンズHCがオーストラリアの指揮官時代に2003年のワールドカップ決勝で敗れて、悔しそうにしている姿も映っていました。

そして、日本代表の映像が終わると、手違いで、もう一度ビデオが少しだけ再生されてしまいました。その場をつなごうと咄嗟に、式典の司会者が「もう一度見たいですか?」と言ったのですが、その発言に対して指揮官はカチンと来たようです。

日本代表を歓迎する式典なので、日本代表の良いシーンだけを流して、いくらオーストラリア代表時代とは言え、ジョーンズHCが悔しそうにしている姿を流さなくてもいいのでは……とも思いました。

ただやはり、やっとW杯の初戦が行われる決戦の地に来て、しかも初めてW杯に出場する選手が多い中で、少しチームに気の緩みがあったことも事実でした。ジョーンズHCは自分が怒ることで選手たちに気合いを入れ直したのだと思います。

残り1週間、こうして日本代表はワールドカップ本番に突入していきます。ただ翌12日に、公式会見が行われたのですが、日本のメディアは私を入れて5社、現地の記者は一人のみと10人にも満たない寂しい状況でした……。

イギリスのラグビー専門誌の予想は、日本は予選プール全敗で最下位。でも、それが約1週間後、100人以上のメディアで、同じホテル内にある会見場がいっぱいになるとはこのときは夢にも思いませんでしたが……。


第2章へ続く


初掲「ゆるすぼ」2016年4月

斉藤健仁
スポーツライター。1975年4月27日生まれ、千葉県柏市育ち。印刷会社の営業を経て独立。サッカーやラグビー等フットボールを中心に執筆する。現在はタグラグビーを少しプレー。過去にトップリーグ2チームのWEBサイトの執筆を担当するなどトップリーグ、日本代表を中心に取材。

プロフィールページへ



 

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ