参戦2年目で頂点へ―ながとブルーエンジェルス優勝インタビュー | ラグビージャパン365

参戦2年目で頂点へ―ながとブルーエンジェルス優勝インタビュー

2019/07/04

文●編集部


4月28日から開幕した太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ。国内4戦を行い、総合優勝を決めたのは参戦2年目のながとブルーエンジェルスだった。初戦の秋田大会で優勝すると、東京大会では優勝は逃すものの着実に3位をキープ。鈴鹿大会では優勝を果たし、最終戦富士山裾野御殿場大会に臨んだ。プール戦を突破しカップ戦に進出し、準々決勝で勝利すれば総合優勝が決まる状況。さらに、これまでベスト4に勝ち進んだチームが別のプールに入るという状況で戦前の予想では圧倒的な優位だと思われた。

プール戦の第1戦追手門学院VENUSとは快勝をおさめ、順調な滑り出しをするも、第2戦のディアナ戦では、ミスもかさなり点の取り合い。雨も強く吹き付ける過酷な状況で26-24でディアナに勝利。さらに第3戦の東京山九フェニックスとの試合では、今シーズン一番といえるフェニックスの勢いに押され序盤リードを許す展開。それでもここまでチームをけん引してきたヘーゼルが後半ファイナルプレーで逆転トライを決め勝利。3連勝でプール1位通過を決めた。結局2日目は濃霧により中止となり、そのまま総合優勝が決まったが、これまで3戦の戦いぶりは昨年の戦いとは全く違うチャンピオンにふさわしい「強さ」を随所に見せていた。

優勝が確定後、村杉徐司ハイパフォーマンスディレクターに話を聞いた。

シーズン前にしっかりと準備することができた

――総合優勝おめでとうございます。


村杉HPD ありがとうございます。優勝したことはもちろんうれしいです。ただ、今日もう1日試合をして自分たちで勝ち取って優勝を決めたかったというのが生意気ですけど。


――この大会への準備はどのくらいできていましたか


前回の大会から、あまり間が空いていなかったので、最初の週はとにかくリカバリーをしっかりすること。2週目は本当に追い込んだ練習をしていました。僕が見ても結構ハードに追い込むなと思うくらい、エド(エドウィン・コッカ―HC)が追い込んでましたね。僕ら水曜日から現地に入ったので本当にいい準備ができていたと思います。

――1日目の試合も雨の中で、決して楽な試合ではなかったと思います。

1戦目の追手門さんとの試合は今シーズン一番の試合だったと思いますが、2試合目のキックオフからのミスが4つありました。我々が悪い時はだいたいキックオフからのミスが多いのですが何とか勝つことができました。(ながと26-24ディアナ)3つ目も最後は気力で勝利ができたと思います(ながと21-17フェニックス)。

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ