歴代最強もベスト4の壁は崩せず― ジョーとローリーが歩んだアイルランドラグビー改革が終わる | ラグビージャパン365

歴代最強もベスト4の壁は崩せず― ジョーとローリーが歩んだアイルランドラグビー改革が終わる

2019/10/20

文●編集部


19日、プール戦2位で8強入りしたアイルランド代表は、ニュージーランド代表の怒涛の攻撃にあい前半からリードを許し、最終的には7トライを奪われ完敗。この大会を最後にチームを離れる、ジョー・シュミットHC、現役引退を表明しているローリー・ベストはベスト4の壁を打ち破れず、大会を終えた。

HIGHLIGHT




――オールブラックス素晴らしい戦いでしたがこのような試合展開となってしまったのは?


ジョー 言い訳のしようがないし、理由もわからないです。このように得点差をつけられて、追いつくのは難しい。実は今週木曜日まで、あまり勢いがなかった。選手たちには本当に徹底的によい試合をしなければ勝てないと言いました。ただ、最初のスタートが悪かったし、前半はフラストレーションがたまる展開でした。スペースを与えてすぎてしまった。

自分たちのミスでオールブラックスに点をあげてしまった。本来は、オールブラックスには簡単なトライではなく、何とかしてトライをするというような展開にしたかった。自分たちにもチャンスはあったが、敵陣22mでラインアウトの失敗や、などでいけせなかった。体力的にもきつかった。

――この大会で自分たちの安定したパフォーマンスを発揮できなかったのは


ジョー いろいろな理由があると思いますが、ピークを若干落としてしまった。人間ということで、一度ピークに達してしまうと若干落ちてしまう。もちろんこの大会に向けて準備してきましたが、シックスネーションズでは若い選手も成長しました。ただ、今夜は自分たちが出さなければならないパフォーマンスを出すことができまなかった。

――オールブラックスのパフォーマンスが良かったのかアイルランドが悪かったのか。


ジョー オールブラックスが非常によいプレーしていました。息がつまるようだ。呼吸ができないほど。自分たちにもチャンスがあったが、オールブラックスが息を吹き返すようなことをしてしまった。トライとれたのにとれない状況が続いてしまった。今晩のパフォーマンスが悪かった。出来ることもできなかった。2回くらいチャンスがありましたが、あっという間にボールを取られてしまいました。プレーの精度が足りなかった。


――タックルミスの多かった理由は


ジョー それは難しい質問ですね。去年の秋、オールブラックスに勝利をしました。そして今回の大会をターゲットに準備を進めてきました。いろいろなことを消耗しながら。ただ、オールブラックスはどこから走ってくるかわからない。そういうチームの場合、タックルが決まらないことも多い。相手の波状攻撃に自分たちがボールを奪っても、また奪われてしまうような展開でした。そういう展開ではメンタル面でも消耗します。

――2大会連続で準決勝に進出できませんでした。


前回大会で敗れて傷をもってしまう。その傷は深く、今また進出できなかったことで胸が張り裂けそうです。この4年間、75%ほど勝利しています。本当にすばらしい時期もありました。その結果はワールドカップで2回負けたことで消えない。世界ランキング1位にもなったこともありました。チームとして向上したのに、目標を達成できなかったのは残念でした。

――こういうかたちで終わったことについて。


ローリー 今日はタフな試合でした。プレッシャーがかかる中、グッドスタートが必要だった。チャンスもありました。この試合に対しては細かなバトルありましたがプレッシャーを受けてしまいました。オールブラックスと試合をすることにフォーカスしていました。すばらしいコーチもいて準備をしてきました。自分たちのバーをセットして、目標を達成してきました。クウォーターファイナルで勝つことがなによりも大事です。ジョー(・シュミットヘッドコーチ)と6年やって、フランスには3回連続で勝利して、シックスネーションズではグランドスラムも成し遂げました。ジョーはオールブラックスの脅威を解きほぐしてくれました。ただ、彼らの方が準備されていました。小さなミスで苦戦する。スタートがうまくできないと、自分たちの方に流れを持っていけない。

――最後のテストマッチとなりました。


ローリー 今は、疲れています(苦笑)。悲しいです。ジョーがいったように、今は何が起きていることに集中したい。とても残念。今、ロッカールームは全く音がない。大きな男が涙を流しています。身も心もささげたからです。時間が経てば振り返ることができると思います。これまでの何年間のチームの素晴らしいことを思い出します。

ワールドカップは大きなプレッシャーの中ではじまりました。スコットランド、日本は強かったです。本当にローラーコースターのようでした。わたしたちグループは一団になって今週も準備できました。思ったような結果とはなりました。いろいろなことが起きました。うれしい、悲しいこと。これからはグリーンのジャージーを着たはサポーターとなってしまうのは本当に残念です。


記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ