立正大が単独チームとしては初の優勝-第6回大学女子7人制ラグビー交流大会マッチレポート | ラグビージャパン365

立正大が単独チームとしては初の優勝-第6回大学女子7人制ラグビー交流大会マッチレポート

2019/09/11

文●大友信彦


9月7ー8日の2日間、埼玉県熊谷市の立正大グラウンドで、第6回大学女子7人制ラグビー交流大会が開催された。
大会には大学単独チームとクラブチームあわせて11チームが参加。東京山九フェニックスや横河武蔵野アルテミスターズなどのクラブチーム、龍ヶ崎グレースなど大学ベースでも社会人選手を含んで活動しているクラブチームも、大学生選手のみによる編成で出場した。

初日は11チームが2組に分かれ、全チームが2試合ずつを行う変則形式でプール戦を行った。
各組の試合結果とプール順位は以下の通り。

プールAの試合結果と順位



日体大 52ー5 四国大
東京山九フェニックス 31ー7 八戸学院大
龍ヶ崎グレース 54ー0 国際武道大
日体大 59ー0 八戸学院大
龍ヶ崎グレース 29ー0 四国大
東京山九フェニックス 22ー0 国際武道大

(順位 チーム名 勝敗 得失点)
1 日体大 2勝0敗 111ー0
2 龍ヶ崎グレース 2勝0敗 83ー0
3 東京山九フェニックス 2勝0敗 53ー7
4 国際武道大 0勝2敗 0ー76
5 四国大 0勝2敗 5ー81
6 八戸学院大 0勝2敗 7ー90


プールBの試合結果と順位




追手門学院大 43ー0 ユニコーンズ
立正大 52ー0 九州産業大
追手門学院大 28ー0 横河武蔵野アルテミスターズ
立正大 48ー0 ユニコーンズ
横河武蔵野アルテミスターズ 31ー14 九州産業大


1 立正大 2勝0敗 100ー0
2 追手門学院大 2勝0敗 71ー0
3 横河武蔵野アルテミスターズ 31ー42
4 九州産業大 0勝2敗 14ー83
5 ユニコーンズ 0勝2敗 0ー91



プールAは3チームが2勝0敗、3チームが0勝2敗で並び、得失点差で順位が決まった。カップ戦に進めるのは2チームだけなので、得失点差で1位の日体大と2位の龍ヶ崎グレースがカップ戦に進んだが、東京山九フェニックスは2戦2勝ながら決勝に進めなかったのは大会規定とはいえ気の毒だった。

決勝トーナメント

そして行われた2日目の決勝トーナメント。
メイントーナメントのカップ戦には4チームが進出。
第1試合は日体大vs追手門学院大。ともに太陽生命シリーズに学生単独チームで参戦している実力チームだ。

堀毛咲良(追手門学院大)

堀毛咲良(追手門学院大)

試合は前半1分、追手門が室越香南の仕掛けから堀毛咲良がゴール前に持ち込み、小林詩波が先制トライ。
対する日体大は3分、昨年のこの大会MVP高崎真那の突破を柏木那月がサポートしてゲイン。柏木はタックルを受けながら鵜川志帆につなぐと、すぐに起き上がってサポートして鵜川からパスを受けて右中間にトライ。タックルされてもすぐに起き上がってパスをもらうという素晴らしいリロードの速さであげたみごとなトライで同点に追いつく。

秋山歩花(日体大)

秋山歩花(日体大)

後半も先に点を取ったのは追手門だった。阪本結花主将が個人技で次々と日体大のタックラーを抜いてゴール前まで前進し、フリーになった木下由美につないで勝ち越しトライ。
日体大は追手門の勤勉なディフェンスの前になかなかモメンタムを作れなかったが、後半に投入された秋山歩花、小島碧優らが運動量をUPさせてじわじわとペースを掴み、6分にPKのクイックスタートから秋山が同点トライ。小林花奈子が逆転コンバージョンを決め、12ー10で劇的な逆転勝ちで決勝進出を決めた。

鹿尾みなみ(龍ヶ崎グレース)

鹿尾みなみ(龍ヶ崎グレース)

第2試合は立正大と龍ヶ崎グレース。
先制したのは立正大だ。1分、左サイドを1年生・松井渓南が突破したのを起点に、右へ順目に展開し、やはり1年生の大谷芽生が先制トライ。続く4分にはPKの速攻でアテザ優海がゲイン。左サイドを松井渓南が前進し、右でパスを受けたSO古田真菜主将が外へ仕掛けたところへクロスで入った大谷がスピードに乗ってパスを受け、連続トライ。阿部恵のコンバージョン成功で12ー0とリードして折り返す。

杉本七海をサポートする野田夢乃、アテザ優海、河部春香(立正大)

杉本七海をサポートする野田夢乃、アテザ優海、河部春香(立正大)

後半も3分、アテザのビッグゲインから西村蒼空がつなぎ、大谷が3連続トライ。阿部のコンバージョンも決まり、残る時間もグレースの反撃を食い止め19ー0の完封勝ちで決勝に進んだ。

決勝:日体大v立正大

鵜川志帆(日体大)

鵜川志帆(日体大)

決勝は昨年と同じ日体大と立正大の対戦。昨年は日体大が26ー17で立正大を破った。
先制したのは立正大だった。2分、絶好調のルーキー大谷芽生が、昨年のMVP高崎真那をハンドオフして外し、ポスト下にトライ。


日体大も4分、鵜川志帆が腰の強いランで相手ゴール前に持ち込み、岡野知佳がトライ。5ー7と追い上げる。
だがここから立正大は一気に攻勢に出る。6分、中盤の混戦から西村蒼空が日体大ゴール前にキック。これに反応した大谷がゴール前に走り込んでディフェンスに競り勝ちトライ。
12ー5とリードを広げると、日体大にイエローカードが出たチャンスも活かし、ハーフタイム直前の7分にも大谷がトライ。

19ー5で折り返した後半の立ち上がりにも、ハーフウェー付近で得たPKからSH阿部恵が約50mを独走してトライ。26ー5とリードを広げる。日体大もそこから交代のカードを次々に切って反撃、秋山歩花と高崎真那のトライで追いすがったが、逆転までは至らず。立正大が26ー17(奇しくも昨年のスコアとまったく同じで勝者と敗者が入れ替わった!)で日体大を破り優勝した。

立正大は通常、アルカスクイーン熊谷として社会人選手と一緒にプレー。太陽生命シリーズにも社会人主体の編成で参戦することが多かった。この大会には過去に2度、東京学芸大との合同チーム(つまりアルカス)で優勝しているが、学芸大の選手たちが横河武蔵野アルテミスターズに活動拠点を移したのに伴い、昨年からは単独チームでエントリー。今回は単独チームとして初の優勝を飾った。

【カップトーナメント】


日体大 12ー10 追手門学院大
立正大 19ー0 龍ヶ崎グレース
(3決)追手門学院大 24ー19 龍ヶ崎グレース(延長サドンデス)
(決勝)立正大 26ー17 日体大


追手門学院VENUSvRKU龍ケ崎グレース

追手門学院VENUSvRKU龍ケ崎グレース



追手門学院VENUSvRKU龍ケ崎グレース

追手門学院VENUSvRKU龍ケ崎グレース

山九フェニックスv横川武蔵野アルテミスターズ

山九フェニックスv横川武蔵野アルテミスターズ

【プレートトーナメント】


東京山九フェニックス 29ー0 九州産業大
横河武蔵野アルテミスターズ 24ー19 国際武道大
(3決)国際武道大 26ー5 九州産業大
(決勝)東京山九フェニックス 17ー0 横河武蔵野アルテミスターズ



九州産業大v国際武道大

九州産業大v国際武道大



九州産業大v国際武道大

九州産業大v国際武道大

【ボウルトーナメント】


四国大 26ー0 ユニコーンズ
ユニコーンズ 21ー19 八戸学院大
四国大 31ー0 八戸学院大



四国大vユニコーンズ

四国大 26ー0 ユニコーンズ



四国大vユニコーンズ

四国大 26ー0 ユニコーンズ



トライランク

大谷芽生(立正大)

大谷芽生(立正大)

1 8T 大谷芽生 立正大
2 5T 阿部恵 立正大
2 5T 高木愛実 追手門学院大
4 4T 古屋みず希 日体大
4 4T 堀毛咲良 追手門学院大
4 4T 内海春菜子 龍ヶ崎グレース
4 4T 大塚朱紗 龍ヶ崎グレース
4 4T 佐藤優奈 東京山九フェニックス
4 4T 小畑結依 横河武蔵野アルテミスターズ
4 4T 永田虹歩 国際武道大
11 3T 松井渓南 立正大
11 3T 高崎真那 日体大
11 3T 岡野知佳 日体大
11 3T 秋山歩花 日体大
11 3T 鹿尾みなみ 龍ヶ崎グレース
11 3T 塩崎優衣 東京山九フェニックス
11 3T 増田結 東京山九フェニックス
11 3T 井上藍 四国大
11 3T 斉藤琴音 四国大

得点ランク

阿部恵(立正大)

阿部恵(立正大)

1 53=5T14C 阿部恵 立正大
2 40=8T 大谷芽生 立正大
2 40=4T10C 内海春菜子 龍ヶ崎グレース
4 26=4T3C 古屋みず希 日体大
5 25=5T 高木愛実 追手門学院大
5 25=1T10C 阪本結花 追手門学院大
7 22=4T1C 大塚朱紗 龍ヶ崎グレース
7 22=4T1C 小畑結依 横河武蔵野アルテミスターズ
9 20=4T 堀毛咲良 追手門学院大
9 20=4T 佐藤優奈 東京山九フェニックス
9 20=4T 永田虹歩 国際武道大
9 20=2T5C 小林花奈子 日体大
9 20=2T5C 長縄歩美 東京山九フェニックス
14 19=3T2C 塩崎優衣 東京山九フェニックス
15 17=3T1C 高崎真那 日体大
15 17=3T1C 秋山歩花 日体大


大友信彦
(おおとものぶひこ)

1962年宮城県気仙沼市生まれ。気仙沼高校から早稲田大学第二文学部卒業。1985年からフリーランスのスポーツライターとして『Sports Graphic Number』(文藝春秋)で活動。’87年からは東京中日スポーツのラグビー記事も担当し、ラグビーマガジンなどにも執筆。

プロフィールページへ


 

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ