15人制女子日本代表がスコットランドに劇的勝利!2021年ワールドカップ予選に向け大きな自信に | ラグビージャパン365

15人制女子日本代表がスコットランドに劇的勝利!2021年ワールドカップ予選に向け大きな自信に

2019/11/25

文●編集部


欧州遠征をおこなっているサクラフィフティーンこと15人制ラグビー女子日本代表は24日、グラスゴーでスコットランド代表と対戦し見事な逆転勝利を収めた。

開始2分に先制を許すも、その後、ラックからのピックアンドゴーを有効的に使いながら、スピードで相手ディフェンスを揺さぶり、SH津久井萌の巧みな球裁きから立て続けに2本トライを奪い逆転。その後、スコットランドのパワーでドライビングモールからトライを許し10-10の同点で前半を終える。

後半に入っても互いにスコアが奪えない中、56分と60分に連続トライを許し、サクラフィフティーンは10-20とリードを許す。それでも71分、相手ゴール前のマイボールスクラムから、BKとFWが一体となってアタックを続け、最後は江渕まことがゴールポストにボールをグラウディングしトライ。平山のコンバージョンも決まって17-20。1トライで逆転出来る点差に追い上げた。

残り7分少々。互いに体力的にもきつい時間帯で、サクラフィフティーンはリザーブ陣が見事な働きを見せる。77分、ハーフウェイ付近から小西想羅が3度のピックアンドゴーで完全に相手ディフェンスを崩し、ペナルティーを獲得すると津久井はクイックリスタートですかさずBKへ展開。これで22m内側に入ると落ち着いてフェイズを重ねる。最後は大塚朱紗が相手ディフェンスをステップで切り返しトライ。平山のコンバージョンも決まり24-20。試合はそのままノーサイド。サクラフィフティーンがスコットランド代表に劇的な逆転勝利を収めた。

Embed from Getty Images

南早紀キャプテン

「男子に続き、スコットランド代表に勝てたことを大変うれしく思います。試合を通してペナルティが多く、自分たちで苦しい状況をつくってしまいましたが、後半ラスト10分からアタックを継続して2トライ2ゴールを得ることができました。これはチームのメンバー全員で戦うことができた結果だと思っています。今回のヨーロッパ遠征で女子イタリア代表と女子スコットランド代表と戦ったことで、女子ラグビーワールドカップ2021の予選前に、チームとしてレベルアップすることができました。」

STATS AND LINEUP

1 加藤 幸子 
2 藤本 麻依子 61' OUT
3 南 早紀 66' OUT
4 櫻井 綾乃 
5 佐藤 優奈 54' OUT
6 齊藤 聖奈 7' TRY
7 細川 恭子 66' OUT
8 高野 眞希 0' OUT
9 津久井 萌
10 山本 実 50' OUT
11 葛西 杏奈
12 小林 花奈子 57' OUT
13 鈴木 彩香
14 谷口 令子 5' TRY
15 平山 愛
16 江渕 まこと 66' IN 71' TRY
17 小鍛冶 歩 61' IN
18 小西 想羅 50' IN
19 玉井希絵 54' IN
20 鈴木 実沙紀 66' IN
21 大塚 朱紗 50' IN 78' TRY
22 古田 真菜 57' IN
23 阿部 恵

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ