OTOWACUP準々決勝レポート・女子15人制関東大会、ベスト4はグレース、日体大、アルテミスターズ、ABIS | ラグビージャパン365

OTOWACUP準々決勝レポート・女子15人制関東大会、ベスト4はグレース、日体大、アルテミスターズ、ABIS

2019/12/21

文●大友信彦


22日、熊谷ラグビー場で行われるオトワカップ・女子15人制関東大会準決勝を前に前週までの戦いを振り返る。女子15人制関東大会には今季、単独・合同あわせて6チームが出場、2プールに分かれてプール戦を行った。参加チームは以下の通り

【プールA】

・ABIS(アルカス熊谷、国際武道大、北海道ディアナ、世田谷レディースの合同チーム)
・RKU龍ヶ崎グレース
・日体大


【プールB】
・東京山九フェニックス15s:東京山九フェニックス、八戸学院大の合同チーム)
・横河武蔵野アルテミスターズ
・Ponies(横浜TKM、ブレイブルーヴ、自衛隊体育学校の合同チーム)

単独チームで参加したのは龍ヶ崎グレース、横河武蔵野アルテミスターズ、及び日体大(登録上は、太陽生命セブンズで別チームとして登録したUNICORNSとの合同チーム)の3チーム。昨季までは出場4チームだったが、今季は初めて2組に分かれてプール戦を行うフォーマットが採用された。各組の結果は以下の通り。

【プールA】

前半、先制トライを決め喜ぶグレースNO8北野和子

前半、先制トライを決め喜ぶグレースNO8北野和子

ABIS 17ー10 日体大
グレース 31ー0 ABIS
グレース 22ー17 日体大

12月8日、最終節に行われたのは、グレースと日体大という大学単独チーム(グレースは流経大を拠点に筑波大などの選手が加わったクラブ)のライバル対決。

試合は前半、グレースがラインアウトからモールを押すなど、FWのセットプレーで圧力をかけ、サクラフィフティーンのNO8北野和子が先制トライ。

前半、グレースDFに囲まれながらトライを決めた日体大FB古屋みず希

前半、グレースDFに囲まれながらトライを決めた日体大FB古屋みず希

日体大は、サクラセブンズに平野優芽、大竹風美子、堤ほの花ら主力を送り出し、さらに故障者も続出。急遽コンバートされた選手も多く、急造布陣での戦いだったが、伝統の展開力は威力を発揮。前半はFB古屋みず希、CTB鵜川志帆主将がトライ。12ー10で折り返す。

前半、トライを決めるグレースCTB寺内美樹

前半、トライを決めるグレースCTB寺内美樹

 

前半39分、中盤から抜けだしトライを決める日体大CTB鵜川主将

前半39分、中盤から抜けだしトライを決める日体大CTB鵜川主将

 

後半9分、右腕1本でトライを決める日体大WTB柏木那月

後半9分、右腕1本でトライを決める日体大WTB柏木那月

後半も9分、本来FLながらWTBで起用された柏木那月が相手タックルを受けながら右隅へ腕1本のみごとなサーカストライ。17ー10とリードする。

後半ロスタイム、モールを押し込んでグレースNO8北野がサヨナラトライ!

後半ロスタイム、モールを押し込んでグレースNO8北野がサヨナラトライ!

しかしグレースは20分、FB鹿尾みなみ主将のトライとSO大塚朱紗のゴールで17ー17の同点に追いつくと、終了直前にもPKから相手ゴール前のラインアウトに持ち込み、NO8北野和子がサヨナラトライ。
22ー17でライバル日体大を破った。



【プールB】

Ponies 73ー0 東京山九フェニックスxv
横河武蔵野アルテミスターズ 68ー0 東京山九フェニックス
横河武蔵野アルテミスターズ 42ー29 Ponies


アルテミスターズのゲームキャプテンを務めたPR加藤幸子

アルテミスターズのゲームキャプテンを務めたPR加藤幸子

最終節は、互いに1勝を挙げ合ったあとのアルテミvsPoniesの対決。
アルテミは11月のサクラフィフティーン欧州遠征のメンバーがゲームキャプテンのPR加藤幸子、PR江渕まこと、FL櫻井綾乃、小西想羅、NO8高野真希とFWにずらり並び、FW戦を制圧。前半はSO高木萌結の2トライなど5トライをあげて35ー5と大きくリード。

パスアウトするポニーズSH新原響

パスアウトするポニーズSH新原響

 

突進するアルテミスターズNO8高野真希

突進するアルテミスターズNO8高野真希

 

スコットランド戦でも大活躍した小西想羅、この日もパワフルな突破を見せた

スコットランド戦でも大活躍した小西想羅、この日もパワフルな突破を見せた

 

トライを決めるアルテミスターズSO高木萌結

トライを決めるアルテミスターズSO高木萌結

 

トライを決めるアルテミスターズWTB小川すみれ子

トライを決めるアルテミスターズWTB小川すみれ子

 

サクラフィフティーンのポニーズFB平山愛は自衛隊体育学校所属

サクラフィフティーンのポニーズFB平山愛は自衛隊体育学校所属

 

途中出場でトライを決めたWTBピート染谷瑛海はブレイブルーヴからポニーズに参加

途中出場でトライを決めたWTBピート染谷瑛海はブレイブルーヴからポニーズに参加

後半は風上に回ったポニーズが途中出場WTBピート染谷瑛海のトライなどで反撃したが、及ばず。42ー29でアル テミスターズが勝ち2戦2勝でプール1位を決めた。

後半、トライを決めるポニーズFL中村紘子(ブレイブルーヴ)

後半、トライを決めるポニーズFL中村紘子(ブレイブルーヴ)

 

【決勝トーナメント】

スクラムからボールを持ち出すABISのLO門脇桃子。この場面ではNO8でプレー

スクラムからボールを持ち出すABISのLO門脇桃子。この場面ではNO8でプレー

決勝トーナメントは各組1位が1回戦をシードされ、各組の2位が反対組の3位と対戦した。

A組2位のABISはB組3位の東京山九フェニックス15sと対戦。
前半は風上に立ったABISがCTB西村蒼空、NO8永田虹歩のトライなどで24ー0とリード。後半は風下にまわり、フェニックス15sの猛攻を浴びたが粘り強いディフェンスで守り切り、29ー0で勝った。

巧みなパスワークを見せたABISのSH野田夢乃

巧みなパスワークを見せたABISのSH野田夢乃

 

果敢なランを見せたフェニックスのWTB増田結

果敢なランを見せたフェニックスのWTB増田結

 

豪快な突破と柔らかいハンドリングを見せた山形詩織は八戸学院大からフェニックス15sに参加

豪快な突破と柔らかいハンドリングを見せた山形詩織は八戸学院大からフェニックス15sに参加

 

欧州遠征で日本代表デビューしたフェニックスのLO佐藤優奈。身上のハードワークを反復した

欧州遠征で日本代表デビューしたフェニックスのLO佐藤優奈。身上のハードワークを反復した

 

自陣から突破を図る日体大NO8永井彩乃

自陣から突破を図る日体大NO8永井彩乃

もう1試合はB組2位のポニーズとA組3位の日体大が対戦。
前半はポニーズがCTBピート染谷瑛海のトライで先制したが、風上の日体大がNO8永井彩乃、FB古屋みず希のトライなどで19ー7とリード。

タックルを受けながら前進する日体大CTB中山潮音

タックルを受けながら前進する日体大CTB中山潮音

後半もWTB南侑里のトライで24ー7とリードを広げたが、そこからポニーズが猛攻。20分にSH新原響、32分にNO8梶木真凛のトライ(ともにFB平山愛コンバージョン成功)で24ー21と追い上げ、終了直前にも日体大ゴール前へ攻め込んだ。

前節のWTBからNO8に移ったポニーズ梶木のトライ

前節のWTBからNO8に移ったポニーズ梶木のトライ

しかしインゴールに持ち込んだところでボールを押さえきれず、インゴールヘルドでタイムアップ。
日体大が24ー21で逃げ切り準決勝に駒を進めた。

自陣ゴール前のピンチを守り切った日体大が3点差で逃げ切った

自陣ゴール前のピンチを守り切った日体大が3点差で逃げ切った

準決勝は22日、熊谷Bグラウンドで、龍ヶ崎グレース対日体大(11時45分)、横河武蔵野アルテミスターズ対ABIS(14時)の2試合が、また、熊谷ラグビー場の「西第1多目的広場」では14時から5/6位決定戦のPonies対東京山九フェニックス15sの試合が行われる。

大友信彦
(おおとものぶひこ)

1962年宮城県気仙沼市生まれ。気仙沼高校から早稲田大学第二文学部卒業。1985年からフリーランスのスポーツライターとして『Sports Graphic Number』(文藝春秋)で活動。’87年からは東京中日スポーツのラグビー記事も担当し、ラグビーマガジンなどにも執筆。

プロフィールページへ


 

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ