WOWOWプレゼンツ−ジオ・アプロン(トヨタ自動車)ロング・インタビュー完全版「短いオフと長いシーズン、四季を通じて戦うのがTOP14の難しさ フランスでのプレーは楽しかったけど、日本に来るのは僕の夢だったんだ」 | Rugby Japan 365

WOWOWプレゼンツ−ジオ・アプロン(トヨタ自動車)ロング・インタビュー完全版「短いオフと長いシーズン、四季を通じて戦うのがTOP14の難しさ フランスでのプレーは楽しかったけど、日本に来るのは僕の夢だったんだ」

2017/11/24

提供●WOWOW


フランスTOP14を中継しているWOWOWがWEB配信している世界ラグビーレジェンドたちへの連続インタビュー。そこで掲載しきれなかったフルインタビューをRUGBYJAPAN365で掲載出来ることになりました。

今回掲載は、南アフリカ代表17キャップのトヨタ自動車FB/WTBジオ・アプロン選手。南アフリカ、フランス、それぞれのラグビー環境、社会を観察する目の鋭さに圧倒されます!
トップリーグで閃光を発する魅惑のランナーの言葉を、どうぞ!




――ジオさんはスーパーラグビー、TOP14、トップリーグをプレーしてきました。その中で、TOP14にはどういう特徴がありますか?


トップ14のラグビーは、日本のラグビーに比べるとスローだね。そしてフィジカル。僕はラッキーな事にフォワードではないのだけど、 フォワードは大変だ。というのは、TOP14では4シーズンを戦うわけなんだ。夏にスタートして、そして秋、冬、そして春、そしてファイナルはまた夏と、あらゆる季節を経験する。時には、フィールドは完全に湿っていたり、完全に泥だらけだったりする。時にはとても快適にプレーできる時期もある。だから、ゲームは日本とは全く違うフィールドで行われると言っていいね。

そして、トップ14では、全部で32試合を戦うんだ。年間を通して、四季を通してね。ゲームは日本よりスローで、選手のフィットネスレベルも日本ほど良くないと思う。なぜなら、日本のゲームはもっと速いし、もっと爆発的だからね。

分かりやすく言うと、トップ14は日本のトップリーグよりも少しスローだけど、もっとフィジカルで、もっとセットピース主体であり、よりスクラムに重点が置かれ、フォワードをもっと使うプレーが多い。日本のラグビーはもっと速いことが強みであり、それは僕にとってもうれしいことです。

――ジオさんの母国の南アフリカも、とてもフィジカルなラグビーに見えますが。


僕はバックスだからそうでもないけど、フォワードは確かにタフだね。ただ、フランスの方がもっとフィジカルだよ。フランスの方がよりスローで、試合もフォワードに偏る。近いエリアでの強いコンタクトのやりあいが多くなるんだね。それに比べてスーパーラグビーは、より速いね。フィジカルと爆発力のコンビネーションで、ゲームではより走る事が多い。でも日本のトップリーグと比べるとやっぱりフィジカルだよ。

フランスとスーパーラグビーを比較するのは難しいね。というのは、ランプレーの爆発力という意味では、差は小さいけど、スーパーラグビーの方が上で、さらにフィジカル。一方フランスは、ひたすらフィジカルなのさ。例えば、スーパーラグビーでは、スクラム、ラインアウトはゲームをスタートする起点だけど、フランスではそのコンテストがゲームの見せ場なんだ。スクラムでペナルティーを取ることが、ゲームをリスタートすることよりも大事なんだ。

プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ