「ブレイクダウンでしっかりコンテストして自分たちのペースにもっていくことができた」チーフス、サム・ケインキャプテン | Rugby Japan 365

「ブレイクダウンでしっかりコンテストして自分たちのペースにもっていくことができた」チーフス、サム・ケインキャプテン

2018/03/24

文●編集部


三菱地所スーパーラグビー2018・ヒトコムサンウルブズと対戦したチーフス。9トライを上げ快勝。ボーナスポイントを獲得し、3勝1敗、勝ち点13とした。コリン・クーパーヘッドコーチとサム・ケインキャプテンが試合後の記者会見で話したこととは。

「開幕節で1敗してから2連勝。メンバー全員がハードワークを重ねた結果。その流れで来日することができた」コリン・クーパーヘッドコーチ

 

――サンウルブズのDF、ラインアウトに関してどういう分析をして臨んだか


我々はこの試合に対して、特にサンウルブズはWTBに大型で走れる選手がいるということを踏まえて準備してきました。WTBをシャットアウトすることを念頭に置いて準備をしてきました。また、ラインアウトを含むセットピースでプレッシャーかけたいということを意図をもっていました。

先週のライオンズ戦を見ました。サンウルブズはかなり良いパフォーマンスをみせていました。私達は彼らに勝たないといけない、という固い決意を持ってやってきました。結果としてチーフスがやっているものと持っているものを発揮できました。ただ、彼らの戦いにはリスペクトしています。


コリン・クーパーヘッドコーチ

コリン・クーパーヘッドコーチ

―――スーパーラグビーは長いコンペティションです。全員が、必ずしも全試合、出場することができません。どういった形でチームをまとめ、そして引っ張っていっているのですか。


開幕から3試合は2勝1敗で1つ負けてから2勝できました。選手たちは本当に頑張ってくれた。その流れで東京にやってきました。(2勝した)過程で一つ大事なのはハードワークをすること、自分たちが経験してきたことをいっしょになって話すことです。東京で得た経験も同じだと思います。そういった中で培いながら(長いシーズンを)戦っていく。これからの戦いも含めて楽しみなチームだと思います。


「日本のラグビーを注意深くラグビー見ているが、スピードが鍵の一つであることは間違いないと思っていた」サム・ケインキャプテン

――両チームとも『速いラグビー』を目指しています。その違いはどんな点でしょう。チーフスは速い中でいい判断のプレーが多かったように見えました。


我々はこの数年、日本のラグビーを注意深くラグビー見ているが、スピードが鍵の一つであることは間違いないと思います。ここの部分で好きなことをやらせると日本のチームは危険だと感じていました。

そこでわたしたちがやらないといけないのは、ブレイクダウンでしっかりコンテストして自分たちのペースにもっていく、そして、いろんな局面で、速く反応することでだと思っていました。

スピードあるテンポのある、見ていて楽しいラグビーをみなさんにお見せできたと思います。今日のようにトライがたくさん出るとやっていてもそう思います。そうした試合を東京という特別な場所に初めてやってきて、できたことはとてもうれしい。


記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ