ハイランダーズ、ブルーズにホームの最終戦と35-29で勝利 NO8姫野和樹が初トライを挙げて、初MOMに選ばれる | ラグビージャパン365

ハイランダーズ、ブルーズにホームの最終戦と35-29で勝利 NO8姫野和樹が初トライを挙げて、初MOMに選ばれる

2021/04/16

文●編集部


16日、スーパーラグビー・ハイランダーズに所属する姫野和樹はNO8で先発出場。前半15分、SHアーロン・スミスが敵陣ゴール前でクイックスタートしゴール前に迫るとラック脇で待ち構えていた姫野にボールが出る。姫野がパワーでねじ込み初トライを決めた。

前半終了間際には、姫野のジャッカルが起点となりWTBナニ・プニヴァイのトライが生まれチームの勝利に貢献し、マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれた。

試合後、日本のメディア向けに行ったオンライン取材の模様を余すことなくお届けする。

チームとうまくやれるかという不安があった中、みんなといいラグビーができて、すごく幸せな気分

とりあえず勝ててホッとしている状況ですね。このゲーム、2位のブルーズに絶対勝つことが条件だったので勝ってホッとしています。


――日本人初のトライ&MOM


ありがとうございます。そこに関してはすごく良かったと思いますね。なかなか、ボールキャリーで自分の持ち味が(だせなくて)、不完全燃焼。(もっと)いいところでボールを持ってキャリーしたいなと思います。とにかく大一番だったので勝ててよかった気持ちです。

――もう少しプレーしたかった?


感覚的に試合勘を取り戻して、いい感じのフィーリングだったので、もう少し、80分通してプレーしたかったというのはありますが、ブラウニー(ブラウンHC)がフレッシュな選手をどんどん入れていく方針であれば、それは間違っていない。個人的にはもうちょっと出たかった。


――自分が交替!とビックリした?


はい、そうですね、顔に出てしまった。FWが2枚いるので、フレッシュのFWをどんどん(入れた。) ブルーズFWは強いので、フリゼルもいいので、ブラウニーの判断に従う。仲間を信じて見守るだけでしたが、個人的にはもう少しやりたかった。


――トライの後、叫んでいるときの心境は?


なんて叫んだがわからない。「よっしゃー!』くらい? 相手のFWも強いし、アーロンが(どんどん行くのが)ゲームプランだった。アーロンの判断にみんながついていって、意思疎通ができて、あのような形で自分がフィニッシュした。チームメイトに感謝しながら、自分のトライに美味しいビールを飲もうかなと!

やっぱり、日本語が通じない中で、単身こっちにきて、チームとうまくやれるかという不安があった中、みんなといいラグビーができて、すごく幸せな気分になりますね。

――だいぶ研ぎ澄まされたてきた?


そうですね、ゲーム感覚は戻ってきたかなと感じる部分がある。試合への準備、メンタルの持って行き方、1年(ゲームから)離れていたところもあって、どういう風にもっていくか、忘れがちなところもあるので、そこを踏まえてメンタルの持ち方が上手くなっていましたし、プレーの中でも感覚もいいので、すごく一歩一歩ですが、ステップアップしている感じがします。


――2019年のW杯を100とすると、今は?


W杯のときの自分をこえないと(いけない)。(W杯を)100を基準にすると、今、わからないがW杯のときよりさらに成長しないといけないということは確実にある。W杯より強くなれるようにこれからもっと頑張らないといけないと思っています。


――毎週、NZでラグビーをしていて良かったと感じることは?


やっぱり、自分はもっと日本にラグビーがなくてはならない存在にしないといけないとうい目標があります。ラグビー国技の国に来て、街の雰囲気とか、子どもがラグビーやっていえる姿を見て、自分がそうしたいというロールモデルが日々あるのでプラスかなと思いますね。(日本でそういうことがしたい?)僕はそういうラグビーの魅力を伝えていくのは、あまり長けていない。僕は僕なりにグラウンドで自分のパフォーマンスを出すことが一番ですし、現役のときはグラウンドで輝くことが大事。ラグビーを広げていくのはワンチームになって得意な人とやっていきたい。


――ホーム最終試合、試合後にファンに囲まれた?


はい、ありがたいことに。すごくサインも求めていただいて、写真もも求めていただいて、ありがたい。


――プログラムの表紙にもなっていた


そうですね。


――人気が出てきたと感じる?


すごいカフェとかでも、しゃべりかけられことが多くなったので、日に日に、街中でも声を掛けられることが多くなった。


日本代表にはNZからイングランドへ行くつもりで準備している

――FL2人が素晴らしいパフォーマンスだった。いい刺激になるのでは?


すごいですね、すごいです。控えにもマリノいるし。練習中からケンカするくらいで、みんなアピールしている。パッションがあって、ハングリー精神があって、俺が出るんだ、と。自分もNO8の位置をキープしないといけない。もっとやらないといけない。周りの選手が自分より頑張る。相乗効果が出てくる。一人ひとりの選手のレベルが高いので、すごく焦るし、チーム内の競争に勝たないといけない。そういう中で毎日練習するのはいい刺激になるし、成長につながることだなと。ハイランダーズに来て良かった。


――日本代表スコッド発表されました。NZからイングランドに行く予定でしょうか?


そのつもりで準備をしていこうと思っています。とにかくキャンプというより、試合に出た方が自分に必要だと思う。ジェイミーとも話している。もっと試合にでられるなら、こっちで試合を重ねたほうが自分のためになると話します。

トップリーグも毎週見ていますが、レベルが高くて、(日本代表の)同じポジションにもすごくいい選手が多いので、自分も2019年W杯に出ましたが、おちおち、ゆっくりしてられないとメンバーやプレーを見て思います。日本のレベルが高くなっている。自己研鑽しないといけないが、今いい経験できている。自分が強くなることで日本ラグビーを強くしたいし、(今は)自分にフォーカスしてやりたい。

2023W杯では自分の力が発揮できるように、NZ挑戦がいい準備になればいいと思っています。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ