「この試合はチームに自信をもたらしてくれる」惜敗の東芝、トッド・ブラックアダーHC | ラグビージャパン365

「この試合はチームに自信をもたらしてくれる」惜敗の東芝、トッド・ブラックアダーHC

2021/02/21

文●編集部


33-34で惜敗した東芝ブレイブルーパス。開幕戦で敗れたものの、
試合後の雰囲気はトヨタ自動車とは対照的だった。後半、怒涛の追い上げを見せた東芝。ハーフタイムでどんな指示をしたのか試合後の記者会見で訊いた。


トライ数ではトヨタ自動車を上回ったが1点足りず。

まずはトヨタにおめでとうといいたい。ただ、厳しい状況の中でも最後までやりきった自分たちの選手を誇りに思います。前半失点をしていたので、ハーフタイム修正を話し、立て直すことができた。今日のような試合ができたことはチームにとっても自信につながる。


――ハーフタイムの修正点は?


ブレイクダウンの部分です。クイックボールを出せているところでは攻めることができていましたし、相手にもプレッシャーをかけることができていました。


小川高廣キャプテン

開幕にあたって関係者の皆様ありがとうございます。今日のゲームは、ブレイクダウンの部分で自分たちで激しさをもってしっかりやっていこうと臨みましたが試合の入りのところでトヨタにやられてしまった。ハーフタイムで修正して取り返すことができましたが足りなかった。負けたのは悔しいですが次の試合もあるので、しっかり切り替えていきたい

――前半取り切れなかった要因は


ブレイクダウンのところで相手にからまれてしまい、クイックボールを出すことができなかったのが原因。こちらは人数を使ってしまった。トヨタの攻撃については、特に想定外な部分はなかったです。集中してやっていこうとしたところでしたが、相手が上回っていました。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ