「スター」山田章仁の新しいアクションに思い出す、代表デビュー戦のポジティブオーラ | ラグビージャパン365

「スター」山田章仁の新しいアクションに思い出す、代表デビュー戦のポジティブオーラ

2020/05/17

文●大友信彦


これがスターなんだな、と思ったことを覚えている。
山田章仁のことだ。

時は2013年11月。英国北ウェールズのコルウィンベイ。小さな町の、陸上トラックがあって、スタンドの屋根も小さい、質素なスタジアム。

山田はこの試合にリザーブで登録され、背番号23をつけ、後半28分からピッチに入った。28歳での初キャップ。10代で世に出る選手も珍しくないWTBのポジションでは遅咲きだ。この試合に背番号11で先発し、山田と交代でベンチに下がった藤田慶和は山田より8歳下だが、その前年、18歳9カ月で初キャップを獲得していた。

山田章仁、万感の初キャップ(2013年公開)

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ