「優勝するためにまずは目の前の試合に集中する」トヨタ自動車ウェルブリッツ、キアラン・リード、茂野海人共同キャプテン | ラグビージャパン365

「優勝するためにまずは目の前の試合に集中する」トヨタ自動車ウェルブリッツ、キアラン・リード、茂野海人共同キャプテン

2021/02/15

文●編集部


15日、トップリーグ・トヨタ自動車ウェルブリッツは20日の開幕を前に、キアラン・リード、茂野海人共同キャプテン2人がオンライン記者会見を行った。元オールブラックス代表キャプテンを務めたリードが持つ経験をトヨタのラグビーにもたらしているものとは。

「目の前のことをやることが大事」茂野海人

――共同キャプテンを務めるリード選手をどう思っていますか。


僕自身トップリーグのチームでのキャプテン初めて。これまではバイスキャプテンをやっていました。リード選手とプラスになることは世界一のチームでキャプテンをやってくれていたので、経験に頼りにしていますし、僕の足りないところを補ってくれる。(経験というのは具体的に?)ハドルでの喋り方、であったり、ミーティングでシンプルにどうやって伝えるかは勉強になっています。


――リードのリーダーシップについて特に印象的なことは


ハドルの中で、試合中もそうですが、長々話しすぎても選手の頭に入らない。キーポイントだけを話すという点ですね。次何をするか。ゲームプランとして次何をするか。シンプルな部分だけを話す。チームを同じ方向へもっていくというやり方は勉強になります。

――昨年から選手の入れ替わり。今年のチームとして良くなっている部分、キープレーヤーは?


昨年やってきたラグビーの詳細を詰めて、さらによくしていく。肉付けをしています。キープレーヤーは、ウィリー・ルルー選手は一人かなと思います。ただ、ウィリー一人でプレーしてもそれはチームプレーにはならないので、ウィリーのやりたいことだったり、チームのやりたいことを理解して、全員が一枚の絵を見えていくことが大事かなと思います。開幕戦をみていただければよいかなと思います。


――トヨタ初優勝のために何が必要か。1プレーヤーとしてどんなプレーをしたいか。


目の前のことをやることが大事。まずは東芝戦で勝利すること。そのために全員が同じ方向を向いて、同じ絵を描くこと。そうすれば次がまた見えてくるので。あとは、個人としては、どういうプレーというのは、言えないですけど。常にベストなパフォーマンスをしたいですし、見ていて元気を与えられるようなプレーをしていきたい。


「選手のスイッチをベストなタイミングで押せるようにこれまでの経験をいかしている」キアラン・リード

――それぞれをどう思っているか。


お互いいいバランスが取れている。海人はトヨタがどうプレーすればいいか理解しているし、お互いチームにどうやってメッセージを伝えるか信頼しています。キャプテンとしてお互い自信をもって話をすることができますし、彼をサポートしていきたいと思っています。
特に質の悪い選手と話をする時には気を使っています。


――ゲームをうまくすすめることとチームをよくすること意識していること


経験という点でプレーヤーを理解することが大事。プレーヤーによってスイッチが違って、引き寄せたり引き離すことがスイッチが入るきっかけになる。選手のスイッチをベストなタイミングで押せるようになるには冷静な判断が必要で、それはこれまでの自分の経験によるところが大きいかなと思います。

――昨年から選手の入れ替わり。今年のチームとして良くなっている部分、キープレーヤーは?


トヨタというチームは、自分でも長くプレーしていて、先シーズンは中断となってしまったので、全員がプレーしたいという気持ちとその準備ができているので今週末をすごく楽しみにしています。


――今シーズンの意気込み。


今年もチームを助け、優勝に導いていきたい。そのためにたくさんのチャレンジがありますが、優勝を目指していきたい。自分としてもチームに対してたくさんのインパクトを残していきたい。


――マイケル・フーパー選手、初めて同じチームになって新しい発見はありますか


本当に不思議な感覚です。今同じ環境で同じチームでプレーしていますが、チームの日本人選手からも、これまでは敵だったということでいじられることもあります。その中で彼はトヨタのラグビーに価値を足してくれる存在です。一つ残念なのは、コロナ禍ということもあってチームメイトであってもこれまでどおりのように接することができないという点。本当だったら、お酒を飲んだり、食事をしたりして会話をしたいところですが。それを除いてもいい関係だと思います。

彼も準備できていると思います。確かにコロナの影響で長い時間を一緒に過ごすことができていないですが、彼はプロフェッショナルです。

――トヨタ初優勝のために何が必要か。1プレーヤーとしてどんなプレーをしたいか。


自分としてトップリーグはコンペティティブなリーグの一つだと思っています。そのシーズンの中でキーモーメントとなる試合がでてくるでしょう。シーズンも短いので、どの試合も負けられない。自分たちがフォーカスすることは、今の仕事をこなすこと。それは今週の試合に集中すること。どのチームにも言えることがですが。個人として、スキルの面を会場やテレビを通して多くの皆さんに見てもらいたいですが、全てはトヨタヴェルブリッツのためです。


記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ