「後悔のない、自分の決めた道を貫く」福岡堅樹、東京2020オリンピック7人制日本代表挑戦を断念。「ラグビーはまだ引退しない」 | ラグビージャパン365

「後悔のない、自分の決めた道を貫く」福岡堅樹、東京2020オリンピック7人制日本代表挑戦を断念。「ラグビーはまだ引退しない」

2020/06/14

文●編集部


14日、ラグビー日本代表、トップリーグ、パナソニックワイルドナイツ所属の福岡堅樹選手が東京2020オリンピック7人制日本代表への挑戦を断念することを決定、ウェブによる記者会見を行った 。

冒頭、福岡選手は以下のように、今回の決定に至った経緯、そして思いを話した。

「今回このような機会を設けていただき本当にありがとうございます。先日の発表にもありました通り、私はラグビー7人制日本代表からの引退を表明します。まずはこのオリンピックを目指すという挑戦を応援して頂いていたファンの皆様、そしてサポートしてくださっていたチームやチームの関係者の皆様には申し訳ないと思っています。このような結論に至った理由といたしまして、やはり自分の中で、本当に後悔したくない、後悔をしない人生を活きたいという思いが一番強かったからです。もともとアスリートとしてこの道を挑戦しようと決めたときから、ラグビー選手としての引退を考えていました。

その中で東京オリンピックの延期というものが囁かれ始めた時から自分の中ではどうするかっていうことは常に考えていました。自分の人生の中で今まで大きな決断をした時には、必ずどの選択が一番後悔をしないだろうかということを常に考えていました。今回の選択に関してもやはりそれが一番大きく自分の中で影響していて、この選択というものが自分にとって一番すっきりと受け入れることができるものでした。

自分自身は東京オリンピックの7人制のメンバーから離れることになりましたが、残されたメンバー達と共に一緒に同じチームメイトとして応援したいと思っています。

最後になりますが、まだ今回でラグビー選手としての引退っていうわけではありません。実際に次のトップリーグではパナソニックワイルドナイツの一員として自分らしい最高のパフォーマンスができるようにしたいというふうに前向きに検討しています。これからも応援よろしくお願いします以上です。」

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ