「成長の過程をはかる上で大事な試合だった」クボタ、フラン・ルデュケHC試合後コメント | ラグビージャパン365

「成長の過程をはかる上で大事な試合だった」クボタ、フラン・ルデュケHC試合後コメント

2021/04/04

文●編集部


サントリーとの全勝対決を惜しくも敗れたクボタスピアーズを指揮する、フラン・ルデュケHC。敗れたものの、これからやってくるプレーオフトーナメントに向けてチームとしての課題と手応えを感じる試合となった。試合後の会見では「前半の課題を後半、修正できたことはポジティブ」とコメントを残した。

こういう素晴らしい試合をサントリーさんとできて良かった。ファンも来ていただいて日本のラグビーの成長が見られたと思います。最後の場面はどっちに転がってもおかしくないような場面だが、前半の場面をハーフタイムで修正できたのはポジティブにとらえているが勝てなかったのは残念です。我々はどんどん良くしていくだけですし、まだ試合はありますし、(この試合は)成長の過程をはかるには大事な試合だったが、次戦のトヨタ戦に向けてしっかり準備していきたい。

――ハーフタイムの修正点について


フォーカスポイントの2つあって、1つ目は規律で、2つ目は相手がボールを持ったときのプレッシャーで、BDが思うようにできていなかったので修正しました。立川はじめ、リーダー陣がフォーカスポイントに沿って修正してくれた。

――後半、選手を一度に複数替えた。交替した選手のタイミングやプレーについて


後半、スコアで追いつきたいところがあったので、ミッドフィールドで立川とクロッティーとでやりたいと思った。アタック進めたいと思っていてしっかりアタックしてくれた

――イエローカードで2トライを取られた。プレーオフでサントリーと再戦したい?


まだノックアウトステージまで試合があるので何ともいえないが、イエローカードは影響があるコントロールしたいと思ってもできない。確かにソフトなトライが2つあったが、サントリーさんもスマートにやっていたし接点も思うようにできなかった。次戦にそこを強くしてよくしていきたい。次の試合、そこが大事になってくる。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ