「最高の舞台で最高の結果を」―パナソニックWTB福岡堅樹、セブンズ日本代表入りへ挑戦 | ラグビージャパン365

「最高の舞台で最高の結果を」―パナソニックWTB福岡堅樹、セブンズ日本代表入りへ挑戦

2020/01/18

文●編集部


18日、豊田スタジアムにはジャパンラグビートップリーグ2020・第2節、トヨタ自動車ヴェルブリッツとパナソニックワイルドナイツの一戦が行われた。会場にはトップリーグ歴代最多入場者の37,050人の観衆が訪れた。試合は序盤、互角の展開だったが、パナソニックが後半、この試合を最後にセブンズ日本代表入りを目指してチームを離れる、WTB福岡堅樹の突破から流れをつくると後半だけで5トライを奪ったパナソニックが終わってみれば40-20で快勝。チームとしては開幕節に続きボーナスポイント1を含む、勝ち点5を獲得し2連勝を飾った。

試合終了後、17日、セブンズ日本代表の熊谷合宿に招集された福岡堅樹が記者会見を行い、オリンピックへの思い、代表入りにむけた決意を話した。

” He does play everything " ロビー・ディーンズヘッドコーチ

ロビー・ディーンズHC(右)

ロビー・ディーンズHC(右)

一人のコーチとしてケンキ(堅樹)を指導できたことを誇りに思います。私はこれまで、ジョナ・ロムー、ダグ・ハウレット、ジョー・ロコゾコといったWTBをコーチしてきました。今名前をあげたニュージランドの3人のWTBとケンキが違うのは、フィールドの上で彼は何でもできる選手であるということです。


アタック、ブレイクダウン、ディフェンス、すべての面でチームに貢献してくれています。彼がオリンピックに出場できることはワールドラグビーにとって非常に喜ばしいことだと思っています。ケンキがピッチに立てば、チームはどんなことでも達成することができるでしょう。ケンキの活躍をお祈りしています。


「ワイルドナイツの代表として、まずはメンバー入りを」WTB福岡堅樹

(ロビーのような)世界的な(WTBの選手をコーチングしてきた)監督から評価してただけることを嬉しく思います。また期待してもらって送り出してもらうからには、必ず、自分にできる最高の結果をだせるように、一つ一つ目の前のことを大切にして、最高の時間にしたい。

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ