「次の機会があれば違う結果になる」クボタFLラピース、自分たちが機能したのはマインドの部分だった | ラグビージャパン365

「次の機会があれば違う結果になる」クボタFLラピース、自分たちが機能したのはマインドの部分だった

2021/04/04

文●編集部


サントリーとの全勝対決に敗れたクボタスピアーズ。敗れたものの、後半の追い上げはチームとしての底力を感じさせた。FLラピースラブスカフニが試合後に話したこととは。

試合前からフィジカルな戦いになると思っていましたが実際にそうなった。前半サントリーがよくやっていた。後半は我々もいいマインドになった。相手を苦しめて逆点したかったですがそこは出来ませんでした。そういう部分を良くしていって次に臨みたい。

サントリーは前半特に、ブレイクダウンでプレッシャーをかけてきてモメンタムを奪われてしまいました。そこも含めてラグビーです。お互いが競り合って試合をするときに良い判断をして今後もそういったバトルを楽しんでやっていきたい。

――勝利するためには何が必要だと感じますか


まずはサントリーを称えるべきです。前半はプレッシャーをかけられてペナルティー(キック)を与えてしまいました。ただ、自分たちが機能したのはマインドの部分。ファイトして自分たちがやってきたことを信じてきたから後半はあのようなパフォーマンスが出せた。次にこのような機会があれば、違うような結果になると思います。


――クボタが成長していて、代表以外の選手も含め、まわりの選手の成長についてどう見えていますか。


クロッティーやフォーリーのようなインターナショナルの選手もいますが、コーチングスタッフがしっかりやってくれていることが大きいです、環境としては健全な環境ですし、新しい選手たちがチームにエナジーをもたらしてくれますし、さらに他の選手もチームに対して貢献してくれています。いっしょにプレーできることは素晴らしいし、オンフィールドもオフフィールドも本当に仲が良くて家族みたいですし、関係性も近いです。今後も信頼性をあげつつ、結果がついてきてほしい。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ