「自分らしいプレーができるようになってきた」東芝、リーチ・マイケル | ラグビージャパン365

「自分らしいプレーができるようになってきた」東芝、リーチ・マイケル

2021/02/21

文●編集部


プレーヤーとして、開幕戦で存在感を見せたリーチ・マイケル。ボールを持てば、果敢に前へ推進。追い上げている後半にはトライも決めた。チームは1点差で敗れたものの、「試合内容はよかった。同じ失敗は(次の)クボタ戦では繰り返さない」と話した。

前半はヘッドキャップをつけて登場

前半はヘッドキャップをつけて登場

トップリーグ開幕して嬉しかった。満員のお客さんの前で試合ができて本当によかった。今日の試合内容はよかった。会場にきてくれた方もテレビで見られた方も今日の試合をみた人喜んでいると思います。東芝にとってはFWコーチの湯原さん亡くなって、今シーズンはとても大事なシーズン。今日、負けてしまったけど。試合の内容、80分間最後まで諦めず戦ったのは次に繋がると思います。クボタ戦にむけてしっかりと準備をして、いいスタートきりたいと思います。

――前半で失点が多かったのは


ボールプレッシャーでどちらに転がるかわからない展開だった。自分たちの準備は完璧だったと思う。簡単なミスだったりすれ違いざまのミスだったりで(失点してしまった)。80分通して、東芝らしいラグビーをすることができていたと思う。次のクボタ戦で同じようなミスを侵さないようにしたい。

リード(左)、フーパーに対して突破をはかるリーチ。

リード(左)、フーパーに対して突破をはかるリーチ。

――久しぶりにトライを決めました


僕らしいプレーができてきたと思います。ランしたり、オフロードしたり、ゲインしたり、いろいろなことが出来るようになってきて、ラグビーがもっと楽しくなってきた。またフーパー、リードと対戦できて嬉しかったです。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ