「赤いジャージが自分を育ててくれた」名門チームへ移籍・新天地で日本一に神戸製鋼HO有田隆平 | ラグビージャパン365

「赤いジャージが自分を育ててくれた」名門チームへ移籍・新天地で日本一に神戸製鋼HO有田隆平

2018/12/16

文●編集部


名門チームでありながらタイトルから遠く離れていた神戸製鋼コベルコスティーラーズが18シーズンぶりに優勝を決めた。有田隆平は移籍年目で「とにかくこの名門チームに認められるよう」ハードワークに徹した。そしてファイナルという大舞台で試合の流れを大きく変えるビッグプレーをやってのけたのだ。

――キックチャージからのトライについて、日和佐選手が自分がノックオンして悪い流れになるのをとめてくれたと言われてました。


いやいや(笑)自分も前半ノックオンをしてしまいましたし。いろいろ、決勝だから気負ってしまった部分があって(チームに)迷惑をかけてしまっていたので。ワンプレーで返せたかなと思います。

――インゴールに飛び込んだ時、どんな思いでしたか?

ちゃんとトライできたかな。あんまり慣れていないので。嬉しかったですけど、試合も終盤でもなかったので、自分として浮かれるというよりはもう一回気を引き締めていました。


プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ