「10番でのプレーを楽しんでいる」決勝トライを決めた、サントリーSOボーデン・バレット試合後コメント | ラグビージャパン365

「10番でのプレーを楽しんでいる」決勝トライを決めた、サントリーSOボーデン・バレット試合後コメント

2021/04/04

文●編集部


クボタとの死闘に勝利したサントリーサンゴリアス。決勝のトライを決めたのは途中からFBに入ったボーデン・バレットだった。10番でのプレーを楽しみながら、リンクプレー、チームのために献身的なプレーはチームを勝利に近づける。

難しい試合、タフな試合になるのはわかっていました。クボタみたいにセットプレーを得意としているチームに対して、自分たちはスピードをあげてゲームしたいと考えていました。相手はスローダウンして、セットからセットというラグビーをしていきたい。
後半の最初、相手に流れがいきましたが、後半最後の10分、チームとしてコネクトすることができ、勝利することができてよかった。


――最後のトライシーンを振り返って


パスをくれた田村煕がいい仕事をしてくれた。練習ではよくやるが、今日みたいな状況では直感が大事で、煕のおかげで相手のスペースにいいアンダーラインを走りきってトライを取ることができた。

――大事な局面で実力を発揮できるのは、チームにフィットしている証拠


こういう結果が出せているのは、自分たちでいいテリトリーに入らないとできない。そしてそのテリトリーでプレーしないと勝利を呼び込めない。お互いを信じて我慢強くプレーができている。今までよりもフィットしてきているという感覚ではないです。


――10番としてのプレーと日本ラグビーのレベル


とても10番のプレーは楽しんでいます。自分もプレーしたい気持ちがありますし、ゲームコントロール、特にアタックのパフォーマンスをコントロールすることができる。あまり自分中心ではなく、チームプレーをしたいので、リンクプレーを大切にしています。熙も才能ある選手なので、彼が出場するときは15番でプレーします。

(トップリーグのラグビーは)とても速いし、ボールインプレーの時間も長い。スーパーラグビーとはまた違うスタンダートがあると思います。

――15番の時にはどういうイメージでプレーしていたのか、トライにむけてどういうコールをしていたのか。


15番をプレーするときはサイドをコントロールする意識。シンプルなコミュニケーション。しっかりフェイズプレーでどういうプレーが有効か熙とコミュニケーションしていて、彼もいいプレーをしてくれたと思います。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ