「14人で守りきり神戸のラグビーでトライへ」勝敗を分けたトランジション―SH日和佐篤 | ラグビージャパン365

「14人で守りきり神戸のラグビーでトライへ」勝敗を分けたトランジション―SH日和佐篤

2020/01/27

文●編集部


26日、神戸製鋼コベルコスティーラーズはサントリーサンゴリアスとの大一番に臨み35-29で昨年のファイナル、カップ戦に続き勝利を収めた。勝利のポイントはいくつかあるが、ダン・カーターとハーフ団を組んでいるSH日和佐篤のディフェンスからアタックに転じた時の速い球さばきは、相手を翻弄し、神戸のラグビーへ昇華させスコアにつなげていった。

サントリー・CTB梶村祐介が左サイドゴール前までアタックをかけるが凌ぐ神戸ディフェンス

サントリー・CTB梶村祐介が左サイドゴール前までアタックをかけるが凌ぐ神戸ディフェンス

後半12分、PR山下裕史がシンビンで一時的退場。14人となった神戸製鋼は大きなピンチを迎える。自陣ゴール前のサントリーボールスクラム。そこからディフェンスの時間帯が続くが、14分、自陣22m外側でボールを奪うと、神戸製鋼が攻撃に転ずる。

ラックサイドで時間をかけずボールを出す日和佐。2つFWで当てて、SOダン・カーターへパス。速い展開にサントリーディフェンスは整わず、ミスマッチ。カーターの前にはPRが1枚。右から左に流れるLOが1枚。カーターは瞬間的判断で内にステップを切り左から右へ切れ込みギャップに入り込む。

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ