いつもと違う初勝利の喜び――チームに新しい血を吹き込んだ二人・CTB林泰基、HO木津武士 | Rugby Japan 365

いつもと違う初勝利の喜び――チームに新しい血を吹き込んだ二人・CTB林泰基、HO木津武士

2018/09/04

文●編集部


トップリーグ初昇格の日野レッドドルフィンズが、宗像サニックスブルースに開幕節で快勝した。2015年ワールドカップに出場し、南アフリカ代表との死闘を制した時にHOを努めた木津武士。そして、常勝集団・パナソニックワイルドナイツで何度も日本一を経験しているCTB林泰基。これまでの「初勝利」とは違う、勝利の喜びを感じていた。

「特別なプレーはできないけど、そういうサポートの部分は誰にも負けないと思っています」CTB林泰基

自分たちがどのくらいの力を持っていて、どのくらいの試合ができるのか、という部分は練習試合でも見えていなかった。このメンバーで戦うというシチュエーションは今回が初めてで、自分自身もやりながら、コミュニケーションを取りながらやっていくしかなかったんで。その中で相手を分析して、本当はもっとアタックオプションをもっていたんですが、それが全然当てはまらなかったです。

そこは切り替えて、正直、面白くないラグビーだけど、相手はWTBがあがっていて、後ろに2枚しかいないし、キックも上手いという印象もなかったので、どんどん蹴って、ボールを持たせてプレッシャーをかけてマイボールスクラムを増やそうと。ハードワークを続けながら修正していきましたね。

後半の10分以降から、サニックスも(アタックが)大分手詰まりになっているようにも見てたし、足をつる選手が多かったです。それが見えだすと気持ちが楽になりました。それでも(日野は)まだまだ形が見えないチームだから、気を抜ける時間がなかったです。

プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ