クボタがベスト8進出!ヤマハを2トライに抑え快勝 | ラグビージャパン365

クボタがベスト8進出!ヤマハを2トライに抑え快勝

2021/04/25

文●編集部


4月24日、トップリーグ2021・プレーオフ2回戦、クボタスピアーズ(クボタ)対ヤマハ発動機ジュビロ(ヤマハ)の試合が東京・江戸川陸上競技場で行われた。

リーグ戦の最終戦でトヨタ自動車に逆転負けをしたクボタはカンファレンス3位となったものの、HOマルコム・マークスの加入で、セットプレーに安定感が増し、攻撃力、破壊力はトップチームに並ぶパフォーマンスを見せている。

ヤマハはカンファレンス6位に終わり、納得のあるリーグ戦ではなかった。その分、このトーナメントにかける思いは強い。また元日本代表・五郎丸歩は怪我によりメンバー外。小試合に負けたら、引退となるためチームとしては勝利して1試合で多く戦いたい。

先制したのはヤマハ。WTB伊東力がこぼれたボールを拾いトライ

先制したのはヤマハ。WTB伊東力がこぼれたボールを拾いトライ

ヤマハがWTB伊東力のトライで先制するも、クボタは前半12分にSOバーナード・フォーリーのトライで追いつくと、落ち着きを取り戻しクボタのラグビーを展開。前半で2トライ、さらに1ペナルティートライ、1PGを奪い、24-7とリードする。

先制点を許したクボタだったが、フォーリーのトライで落ち着きを取り戻した。

先制点を許したクボタだったが、フォーリーのトライで落ち着きを取り戻した。

 

前半25分、フィナウがピックアンドゴーで抜け出しトライ

前半25分、フィナウがピックアンドゴーで抜け出しトライ

 

さらに29分、クボタはペナルティトライで24-7でリードを広げ前半を終えた。

さらに29分、クボタはペナルティトライで24-7でリードを広げ前半を終えた。

 

後半早々、ヤマハがスクラムで優位にたち、クボタへプレッシャーをかける

後半早々、ヤマハがスクラムで優位にたち、クボタへプレッシャーをかける

後半開始早々の41分、ヤマハがディフェンスでプレッシャーをかけ、チャンスを掴む。ゴール前のペナルティーでヤマハはスクラムを選択。ヤマハが優勢に押し込みペナルティーを獲得。ヤマハは再びスクラムを選択する。CTBタヒトゥア、LOウヴェなど強いランナーにボールを集めトライを狙うヤマハ。クボタはオフサイドのペナルティー。

立川理道キャプテンが、ジャッカルを決めピンチを凌いだ

立川理道キャプテンが、ジャッカルを決めピンチを凌いだ

ヤマハは再びスクラムを選択する。時間は46分。スクラムが崩れスクラムアゲイン。「ここは時間がかけてもよかった」(堀川監督・ヤマハ)。ヤマハが押し込み、再びクボタがコラプシング。時間は49分、再びヤマハはスクラムを選択。ヤマハはBKへ展開。タヒトゥアがフェイズ。2フェイズ目、SO清原祥がボールをキャリー、これに対して、クボタCTB立川理道キャプテンがボールに絡み、クボタは最大のピンチをノースコアで凌いだ。

「FWがスクラムで組み続けてくれていたし、みんなで粘り強くゴールラインを割らすことなくディフェンスできていた。ジャッカルは狙っていましたが、あそこは全員が努力した結果」(立川理道キャプテン・クボタ)。

その後、クボタは53分にFLラブスカフニがトライを決めリードを広げると、60分にはSOフォーリーがPGを決め32-7と大きくリードを広げた。

フォーリーのPG

フォーリーのPG

 

サム・グリーンの鋭いステップから突破

サム・グリーンの鋭いステップから突破

ヤマハは、後半投入されたFBサム・グリーンの個人技からディフェンスを崩し、この試合初キャップの奥村翔が初トライをあげ12-32とする。

奥村翔が初キャップ、初トライ

奥村翔が初キャップ、初トライ

 

ラブスカフニは後半だけでハットトリック。貪欲にトライを狙った

ラブスカフニは後半だけでハットトリック。貪欲にトライを狙った

クボタは74分、ラブスカフニが勝負を決める2本目のトライで39-12とすると、試合終了間際にもラブスカフニがハットトリックとなるトライで46-12。クボタスピアーズが快勝し、2回戦を突破。

準々決勝の相手は神戸製鋼コベルコスティーラーズ(ホワイトカンファレンス2位)。1週あけた5月9日、エコパスタジアムでの大一番を迎える。



SCOREBOARD

トップリーグ2021・プレーオフ2回戦 江戸川陸上競技場

  • TRY(5)
  • G(4)
  • PG(2)
  •  
  • 前半12分 T 10.バーナード・フォーリー
  • 前半14分 G 10.バーナード・フォーリー
  • 前半22分 PG 10.バーナード・フォーリー
  • 前半25分 T 6.トゥパフィナウ
  • 前半26分 G 10.バーナード・フォーリー
  • 前半29分 PT
  • 後半13分 T 7.ピーター・ラピース・ラブスカフニ
  • 後半15分 Gx 10.バーナード・フォーリー
  • 後半20分 PG 10.バーナード・フォーリー
  • 後半34分 T 7.ピーター・ラピース・ラブスカフニ
  • 後半35分 G 14.ゲラード・ファンデンヒーファー
  • 後半37分 T 7.ピーター・ラピース・ラブスカフニ
  • 後半38分 G 14.ゲラード・ファンデンヒーファー
  •  
  • PENALTY
  • PK(9)
  • FK(1)
  • TRY(2)
  • G(1)
  • PG(0)
  •  
  • 前半3分 T 14.伊東力
  • 前半4分 G 15.奥村翔
  • 前半38分 PGx 10.清原祥
  • 後半32分 T 15.奥村翔
  • 後半33分 Gx 15.奥村翔
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • PENALTY
  • PK(9)
  • FK(0)

  • クボタ フラン・ルデュケHC

    結果に対してとてもハッピーです。トヨタ戦、サントリー戦と期待していた結果ではなかったのでいいパフォーマンスを発揮できていました。ここに立川キャプテンはじめ、選手たちはしっかり貢献してくれましたし、気分はいいです。また準々決勝にむけてやっていきたい。

    クボタ 立川理道キャプテン

    ーーディフェンスが冷静でした。


    最初のトライは、ファーストタックルが遅れてしまい相手の勢いをつけてしまった。そこでも慌てることなくチームハドルで修正することができて試合を通して自分たちのやっているシステムを信じて最後までプレーできていた。まだまだ課題があるのでそこはしっかりと修正して次に挑みたい。


    何度もゲインを見せたホネティ

    何度もゲインを見せたホネティ

    ーーアタックについては?


    アタックも相手のディフェンスシステムを理解して、アタックできていたと思います。うまくできたこと、改善ポイントもありました。ただこの試合は、準備してきたアタックができた。


    ーー後半自陣でのピンチの場面でジャッカルしたシーンについて


    FWでスクラムも組み続けてくれていましたし、みんなで粘り強くゴールラインを割らせずディフェンスしていました。最後のジャッカルは狙ってましたが、ただあそこは全員の努力した結果だと思います。


    ーー直近の、二試合勝利出来なかったですが、この試合で修正できた部分は。


    2試合、プレーオフ対戦していく相手は厳しいブロックに入りましたが、そこはポジティブにとらえてそこを勝利することで成長できると考えていましたし、後半に前2試合はディシプリンの部分も課題ができましたが、そこも修正出来ました。

    クボタ SH井上大介

    クボタとして、やろうとしていたアタック、ディフェンスをしっかり実行できました。最初トライを食らってしまいましたが、そこは切り替えて、スコアが取れて落ち着いてクボタらしいラグビーができたと思います。


    クボタ WTB ゲラード・ファンデンヒーファー

    最初はあまり良くないスタートだった。チームで同じ画を見て、プロセスを理解しあって、セットピースや相手の間にボールをもっていくことで、自分たちのペースにもっていくことができました。


    MEMBER_クボタスピアーズ

  • 1 海士広大 後半15分 OUT → IN 17 羅官榮
  • 2 マルコム・マークス 後半28分 OUT → IN 16 杉本博昭
  • 3 北川賢吾 後半25分 OUT → IN 18 山本剣士
  • 4 デーヴィッド・ブルブリング 後半28分 OUT → IN 19 青木祐樹
  • 5 ルアン・ボタ
  • 6 トゥパフィナウ
  • 7 ピーター・ラピース・ラブスカフニ
  • 8 バツベイシオネ 後半21分 OUT → IN 20 末永健雄
  • 9 井上大介 後半33分 OUT → IN 21 岡田一平
  • 10 バーナード・フォーリー 後半21分 OUT → IN 22 岸岡智樹
  • 11 タウモハパイホネティ
  • 12 立川理道 (Cap)
  • 13 テアウパシオネ 後半21分 OUT → IN 23 ライアン・クロッティ
  • 14 ゲラード・ファンデンヒーファー
  • 15 金秀隆
  • 16 杉本博昭
  • 17 羅官榮
  • 18 山本剣士
  • 19 青木祐樹
  • 20 末永健雄
  • 21 岡田一平
  • 22 岸岡智樹
  • 23 ライアン・クロッティ
  • MEMBER_ヤマハ発動機ジュビロ

  • 1 山本幸輝 後半15分 OUT → IN 17 植木悠治
  • 2 名嘉翔伍 後半28分 OUT → IN 16 平川隼也
  • 3 伊藤平一郎 後半35分 OUT → IN 18大塚健太
  • 4 マリー・ダグラス
  • 5 ヘルウヴェ 後半28分 OUT → IN 19 フレッド・ヒュートレル
  • 6 大戸裕矢 (Cap)
  • 7 庄司拓馬 後半22分 OUT → IN 20 松本力哉
  • 8 クワッガ・スミス
  • 9 吉沢文洋 後半32分 OUT → IN 21篭島優輝
  • 10 清原祥
  • 11 シオネ・トゥイプロトゥ
  • 12 ヴィリアミ・タヒトゥア 後半15分 OUT → IN 23 サム・グリーン
  • 13 石塚弘章
  • 14 伊東力 後半15分 OUT → IN 22 中井健人
  • 15 奥村翔
  • 16 平川隼也
  • 17 植木悠治
  • 18 大塚健太
  • 19 フレッド・ヒュートレル
  • 20 松本力哉
  • 21 篭島優輝
  • 22 中井健人
  • 23 サム・グリーン
  • 記事検索

    バックナンバー

    メールアドレス
    パスワード
    ページのトップへ