クレイグ・レイドロー入団記者会見、NTTコム | ラグビージャパン365

クレイグ・レイドロー入団記者会見、NTTコム

2020/07/22

文●編集部


7月22日(水)、1月開催予定のトップリーグの2020-21シーズンからNTTコミュニケーションズシャイニングアークスでプレーすることが決まったスコットランド代表キャップ76を誇るSH(スクラムハーフ)グレイグ・レイドローのオンライン入団記者会見が行われた。レイドローはもちろんのことシャイニングアークスの内山浩文GM(ゼネラルマネージャー)も同席し、司会進行は元日本代表WTB(ウィング)山田章仁が務めた。

内山GMの冒頭の挨拶

右は、司会を務めた山田章仁(右)

右は、司会を務めた山田章仁(右)

シャイニングアークスは2021年開幕の新リーグ、ディビジョン1入りに向けて強化しています。過去5シーズン、昨シーズンは暫定ですが3回5位という成績です。社員選手を中心に継続的、安定的に勝てるチームを目指していますが、今までベスト4を超えることができていません。ベスト4入りに向けた強化施策の一環として、フランスのルーラグビー(リヨン)とサブスクリプション方式などを進めたりしていますが、我々が目指す常にスペースを活用してアタックし続けるラグビースタイルを進化させるために、ピッチ上でのゲームマネジメント、局面、局面での勝つためのチョイス、強力なリーダーシップやキャプテンシー、これを最大限に活用してレフリーとのコミュニケーションを強化するなど現実的な課題を解決するために、適材適所のレイドロー選手の獲得を目指した次第です。

トップ4の壁を破ることが自分の達成したいこと

――なぜ日本に、シャイニングアークスに来たのか?


交渉の段階で、内山さんと話していただいたら、すごくプロフェッショナルな対応してくれたのが好印象だった。施設も素晴らしいものが揃っているし、内山さんに将来のチームの計画を聞いて、力になれると思いました。


――ファンはなんて呼んだらいい?


特にニックネームはないが、いつも「グレイグ」と呼ばれている。チームのみんながニックネームを考えてくれるかもしれませんが、そこを楽しみにしています。


――お気に入りの日本食は?


なんと言ってもラーメンがお気に入りです。2019年ラグビーW杯で滞在中、豚骨ラーメンが気に入っていました。


――いつ頃から交渉をしていたのか? 日本の印象は?


4、5ヶ月前で、かなり長い間、交渉がありましたが、それは自分の中で重要な決断だったので時間をかけて決断したいと思いました。ですがNTTコミュニケーションズがプロフェッショナルな態度でいてくださったので助かりました。はやく合流できるのが楽しみです。トップリーグでプレーするのもかなり楽しみにしている。日本ラグビーは急成長している。2015年から日本代表も伸びているので楽しみです。

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ