サントリーがファイナル進出!クボタの強みを出させないディフェンスで快勝―ミルトン・ヘイグHC・ | ラグビージャパン365

サントリーがファイナル進出!クボタの強みを出させないディフェンスで快勝―ミルトン・ヘイグHC・

2021/05/16

文●編集部


16日、サントリーサンゴリアスは、ファイナル進出をかけてクボタスピアーズと対戦。相手の強みであるセットプレーでプレッシャーをかけ、さらにキックを使ってエリアマネジメントをコントロールすると強みを出させずノートライに抑え26-9で勝利。試合後、指揮官、ミルトン・ヘイグHCが話したこととは

いいゲームでした。前半はいいアタック&ディフェンスをしました。後半は相手にプレッシャーもかけて最終的に良い結果が得られました。


――大きなFWに対して、ラインアウトでクリーンなキャッチを許さなかったがどういった準備をしてきましたか。


FWコーチがラインアウトを6ヶ月、準備してきています。クボタさんは、ラインアウトが1つの強みなので、そこでリズムを与えないように、しっかりプレッシャーをかけるのはプランとして考え、対応していました。(ディフェンスが)上手くいって、相手がリズムに乗れなかったので効果的だった。相手がラインアウトでボールをとった後も、すぐにボールを出させないようプレッシャーかけられたのも良かった。

――特に1対1のディフェンスが良かったが、その評価は?


NEC戦の最後の20分くらいのディフェンスが本当にハッピーではなかったので、そこから時間もあったので、しっかり1対1のタックルにフォーカスしてトレーニングを積んできました。キャプテンの(中村)亮土もディフェンスを引っ張って、チーム全体でも1対1で負けないディフェンスができた。


――決勝戦で対戦するパナソニックのイメージ


ディシプリンが素晴らしいし、反則も少ない。テリトリーも上手くとってくる。自陣でプレーしたくない、キック使って敵陣でプレーしてくるイメージです。ディフェンスもすごく強いチームですが、自分たちはアタックでチャンスをしっかり得点につなげることを確実にやらないといけない。こちら側としてもエフォート、選手全員努力して、あまり失点されないことが必要だと考えています。


――試合後、クボタのHCと何を話した? 


ルディケHCとは、彼が(クボタに)来てから、特に今季は素晴らしいラグビーをしていたので賞賛の言葉を述べていました。それ以外は今日の試合の感謝をしていました。 


――2日前に大阪に入ったが、そういったスケジュールにした理由は


大阪に早く入ったのは、この試合の準備ために結構時間があったので、移動も2日前にしたほうが、よりフレッシュな状態で戦えるということで、早めに大阪入りして準備した。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ