サントリーが完勝!前半だけでヤマハを圧倒。ケガ人続出のヤマハは為す術もなく敗れる | Rugby Japan 365

サントリーが完勝!前半だけでヤマハを圧倒。ケガ人続出のヤマハは為す術もなく敗れる

2018/01/07

文●編集部


1月6日、ヤンマースタジアム長居では、トップリーグ総合順位決定戦兼日本選手権準決勝の2試合が行われ、第2試合はサントリーサンゴリアスとヤマハ発動機ジュビロが対戦した。

SCOREBOARD

TLプレーオフ2017・日本選手権準決勝

  • TRY:7 
  • CON:7 
  • PG:0 
  • TRY 前半5'' 13 村田大志
  • CON 前半6'' 10 マット・ギタウ
  • TRY 前半14'' 15 松島幸太朗
  • CON 前半15'' 10 マット・ギタウ
  • TRY 前半17'' 11 江見翔太
  • CON 前半18'' 10 マット・ギタウ
  • TRY 前半22'' 10 マット・ギタウ
  • CON 前半24'' 10 マット・ギタウ
  • TRY 後半2'' 15 松島幸太朗
  • CON 後半3'' 10 マット・ギタウ
  • TRY 後半6'' 13 村田大志
  • CON 後半7'' 10 マット・ギタウ
  • TRY 後半26'' 12 中村亮土
  • CON 後半27'' 12 中村亮土
  •  
  • 後半 7'' 10 マット・ギタウ → 22 キャンベル・マグネイ
  • 後半 22'' 15 松島幸太朗 → 23 竹本竜太郎
  • 後半 22'' 1 石原慎太郎 → 17 森川由起乙
  • 後半 22'' 2 北出卓也 → 16 中村駿太
  • 後半 22'' 3 須藤元樹 → 18 垣永真之介
  • 後半 22'' 9 流大 → 21 日和佐篤
  • 後半 25'' 8 ショーン・マクマーン → 20 ジョーダン・スマイラー
  • 後半 28'' 6 ツイヘンドリック → 19 飯野晃司
  • TRY:1 
  • CON:1 
  • PG:0 
  • TRY 後半18'' 22 マレ・サウ
  • CON 後半19'' 15 五郎丸歩
  •  
  • 後半 0'' 5 ヨハン・バードール → 19 八木下惠介
  • 後半 0'' 13 宮澤正利 → 22 マレ・サウ
  • 後半 15'' 7 三村勇飛丸 → 20 西内勇人
  • 後半 21'' 1 山本幸輝 → 17 植木悠治
  • 後半 21'' 2 日野剛志 → 16 名嘉翔伍
  • 後半 21'' 3 伊藤平一郎 → 18 山村亮
  • 後半 21'' 9 矢富勇毅 → 21 池町信哉
  • 後半 23'' 15 五郎丸歩 → 23 小林広人
  • REVIEW

    ヤマハは攻撃の軸を欠いた。左から、CTBロッキー、WTB/FBファンデンヒーファー、CTBタヒトゥア、LOウヴェ

    ヤマハは攻撃の軸を欠いた。左から、CTBロッキー、WTB/FBファンデンヒーファー、CTBタヒトゥア、LOウヴェ

    ヤマハはLOウヴェ、クリシュナンさらにWTBファンデンヒーファーをケガで欠き、CTBタヒトゥアも出場停止ということで、攻撃の核となる選手がいない苦しい状況でセミファイナルを迎えた。

    途中HIAで一時的に退場するも、その後復帰したSOギタウ

    途中HIAで一時的に退場するも、その後復帰したSOギタウ

    「今シーズン一番の前半の入りだった」(沢木敬介監督)がいうように前半からサントリーが立て続けにトライを決めワンサイドの展開となる。

    前半5分、ボールキープで敵陣まで攻め込んだサントリー。マイボールスクラムからCTB村田太志がディフェンスラインの隙間をつくランでゲインしトライ。コンバージョンも決まって7−0とする。

    12分、サントリーは相手ラインアウトをスチールすると、FLツイヘンドリックスがゲインすると一気に加速。SOマット・ギタウ、NO8ショーン・マクマーンと繋ぎ、最後はFB松島幸太朗が左隅にトライを決めリードを広げた。

    さらに17分、ツイ、マクマーンがボールキャリーとしてボールを前進すると、SH流大が攻撃のスピードを緩めることなく素早いパスアウトでヤマハを翻弄。WTB江見翔太がトライを決め21−0。

    ギタウのキックに反応した中鶴

    ギタウのキックに反応した中鶴

    22分、ヤマハはLOバードールがレフェリーへの暴言でシンビン。直後のゴール前ラインアウトからモールを組んですぐにNO8マクマーンがボールを持ち出し、走り込んできたギタウにパスを繋いでトライ。28−0として前半を終えた。

    前半では空いたスペースに走り込みボールをキャリーした中村

    前半では空いたスペースに走り込みボールをキャリーした中村

    後半もサントリーの流れは変わらず、3トライを追加し計7トライを奪い、守ってはヤマハを1トライに抑え込み49−7でサントリーが快勝しファイナル進出を果たした。

    「今シーズン1番の前半の入り。準備してきたことが出来たし、いい状況判断ができていた」サントリー 沢木敬介監督

    今日は今シーズン一番といえるくらい、いい前半の入りになりました。先週一週間、ヤマハさんに準備してきたことを出すことができ、いい(ゲーム)コントロールができたと思います。また来週に向けて、パナソニックさんの好調ぶりを見ていると、簡単な試合にならないと思いますのでしっかり勝つための良い準備をしていきたいと思います。

    前半は相手ボールラインアウトをスチールしてトライを決めた

    前半は相手ボールラインアウトをスチールしてトライを決めた


    ――「いい前半の入り」具体的にいうと


    セットピースがヤマハに向けて準備してきたことが対応できた。あとはボールの動かし方、キック、蹴るタイミング、蹴った後のボールを取り戻すまでの課程。理解して、選手たちがコミュニケーションを取りながら、いいパフォーマンスだったと思います。いろいろな状況に対して、いいディシジョンメイキングができていました。


    「グラウンド内のコミュニケーションよくなってきた」サントリー 流大キャプテン

    ――ゲーム前半の入りがよかった


    意識して前半よくしようとしただけです。準備の部分、1週間ゲームプランを勉強して、分析もして、練習態度もよかった。


    ――今年の去年の違いは


    グラウンド内のコミュニケーションよくなってきた。指示も来るが判断するのは僕らですから。ゲームプランは上から下りてくるが、その後、判断とか、そうじゃないときもあるので選手でやります。


    ――キャプテン2年目です


    ギッツ(マット・ギタウ)といい判断ができています。余裕が出てきました。ブレイクダウンのプレッシャーがあっても自分の仕事ができています。判断の質が上がっている。判断が一番の強みです。


    ――チーム作りで変えたことは


    ないです。何もないです


    ――代表入って密度の濃い1年間でしたが。


    サントリーの集大成見せたい。今は個人よりもチームが勝つことに集中しています。


    ――パナ戦のトイメンはフミ(田中)です


    イライラして悪い判断させたいですね。

    「セミファイナルに対し「谷の状態」で臨まなければならなかった。」 ヤマハ 清宮克幸監督

    内容は見たように完敗です。どうやれば勝利できるのかを考え、シナリオ通りにいけばヤマハが勝つ可能性もなくはないという気持ちで臨みました。
    思っていたよりもプレッシャーを受けていましたし、勝てるとおもっていたところでも勝てていなかった。

    1年間を通して今日のヤマハの出来は本当に「谷の状態」でした。この状態でセミファイナルを向けてしまったことは、我々の責任だと思います。1年間で選手たちが輝いて生き生きしていた、ヤマハのラグビーをやるのが楽しいというそういうギラギラ目をしていた時期もありました。

    そういう意味では選手たちが苦しそうな顔をしてラグビーしていたのかなと思います。持っているものを全て出しきってそれでギリギリチャンピオンを狙えるチーム。今日のような状態、内容ではサントリーやパナソニックには、これだけの差になってしまうのかなと思います。

    ――今日はどの部分でサントリーに勝っていこうとしていたのか。


    80分を勝つ、ということでCTBマレ・サウをあえてスターティングとして使わなかったり、後半に勝負をもってくる流れでした。前半、取れたらとる、我慢するということでした。デューク(クリシュナン)の代わりに入った5番の選手、粘ってくれるだろうという期待を込めて使いました。力がはっきり把握できていない選手を使わざるを得なかった。そういうチーム事情なんですけれども。それはもう、そういうシーズンにしてしまったことを後悔しています。

    「前半失点を続けてしまい、セットプレーでも思うような形を作れなかった」ヤマハ 堀江恭佑キャプテン

    今週、サントリーに勝つための準備をしてきました。後半勝負ということ、前半の入り失点をしてしまって、セットプレーでも思うような形をつくることができず。フィールドの中でもFWの選手たちも少ししんどそうな状態でした。

    やっぱり相手に攻める時間を与えてしまうと厳しいのかなと思いました。今シーズン、あと1試合このメンバーであるので、最後までやる責任があると思いますし、1週間どうやって過ごすのかを考えていきたい。

    「修正すべきは『プライド』の部分。」ヤマハ 五郎丸歩

    今年やってきたことから大幅に戦術を変えて試合に臨んだのですが、サントリーさんの一番いいところが出てしまった80分だったかなと思います。

    今シーズンをもって引退する選手もいますので、チームとしてしっかりこの負けから1週間で切り替えて、1年間やってきたことをしっかり出したいと思っています。個人というよりしっかりチームで勝って、気持ちよくシーズンを締めくくりたいです。

    (修正点)
    いろいろありますが、やはりプライドの部分ですね。この一番大事なところ(試合)で今シーズン一番悪い試合をしてしまいましたので。自分自身もすごくショックでしたが、ずっと応援してくださったファンのみなさんも最後すごくショックだったと思います。そういう方々も含め、みんながすっきりして終えるシーズンにしたいと思います。


    MEMBER

  • 1 石原慎太郎
  • 2 北出卓也
  • 3 須藤元樹
  • 4 ジョー・ウィーラー
  • 5 真壁伸弥
  • 6 ツイヘンドリック
  • 7 西川征克
  • 8 ショーン・マクマーン
  • 9 流大
  • 10 マット・ギタウ
  • 11 江見翔太
  • 12 中村亮土
  • 13 村田大志
  • 14 中鶴隆彰
  • 15 松島幸太朗
  • 16 中村駿太
  • 17 森川由起乙
  • 18 垣永真之介
  • 19 飯野晃司
  • 20 ジョーダン・スマイラー
  • 21 日和佐篤
  • 22 キャンベル・マグネイ
  • 23 竹本竜太郎
  • 1 山本幸輝
  • 2 日野剛志
  • 3 伊藤平一郎
  • 4 大戸裕矢
  • 5 ヨハン・バードール
  • 6 モセ・トゥイアリイ
  • 7 三村勇飛丸
  • 8 堀江恭佑
  • 9 矢富勇毅
  • 10 大田尾竜彦
  • 11 田中渉太
  • 12 マット・マッガーン
  • 13 宮澤正利
  • 14 伊東力
  • 15 五郎丸歩
  • 16 名嘉翔伍
  • 17 植木悠治
  • 18 山村亮
  • 19 八木下惠介
  • 20 西内勇人
  • 21 池町信哉
  • 22 マレ・サウ
  • 23 小林広人
  • 記事検索

    バックナンバー

    メールアドレス
    パスワード
    ページのトップへ