トップリーグ、3月の21試合開催中止へ。コンプライアンス教育の徹底。 | ラグビージャパン365

トップリーグ、3月の21試合開催中止へ。コンプライアンス教育の徹底。

2020/03/09

文●編集部


9日、ジャパンラグビートップリーグは3月に開催予定の第9節、第7節(代替開催)、第10節の計24試合の開催を中止すると発表した。

太田治チェアマンは、以下のようにコメントした。

この度、ジャパンラグビートップリーグ参戦中の日野レッドドルフィンズ所属の選手が、違法薬物使用容疑で逮捕された事は、誠に遺憾であるとともに、トップリーグを楽しみにしていただいていた観客の皆様、関係者の皆様、日本全国のラグビーファンの皆様のご期待を裏切るような結果となってしまったことを深くお詫び申し上げます。

また、同年度内に複数のチームから違法薬物関連による逮捕者がでたことは、トップリーグだけではなく、日本ラグビー界の存在を揺るがす大きな問題であり、非常事態であると考えます。各チームにインティグリティオフィサーを置くなど、再発防止策をトップリーグ全チームと一体となり取り組んできましたが、結果的に不十分だったと言わざるを得ない状況となりました。

ファンの皆様や社会を裏切る結果となり、信頼回復に向け真摯に取り組む事、またこれまで以上に踏み込んだ対策が必要であると考えています。ラグビー競技は、「品位・情熱・結束・規律・尊重」の5つのコアバリューにより成り立っています。このうちのどれか1つでも欠けたら、それはラグビーではありません。今回の事件は、コアバリューの大部分に抵触しており、国内最高峰の名にふさわしいリーグになる為、再度トップリーグとして各チームのインティグリティの追求を図り、トップリーグ全体で正常化を証明する事で、トップリーグ2020の再開が出来るものと考えています。

開催中止となる試合

第9節
3月14日
NEC vs ヤマハ(千葉・柏の葉)
トヨタ自動車 vs 東芝(愛知・パロマ瑞穂)
HONDA vs 日野(三重・鈴鹿)
神戸製鋼 vs クボタ(兵庫・ユニバー)

3月15日
リコー vs 三菱重工(東京・秩父宮)
NTTコム vs NTTドコモ(東京・秩父宮)
キャノン vs サントリー(大分・昭和電工)
宗像サニックス vs パナソニック(熊本・えがおS)


第7節
3月21日
クボタ vs NEC(東京・秩父宮)
東芝 vs ヤマハ(東京・秩父宮)
NTTドコモ vs リコー(大阪・花園)
神戸製鋼 vs 日野(兵庫・ユニバー)

3月22日
三菱重工 vs サントリー(東京・秩父宮)
パナソニック vs NTTコム(東京・秩父宮)
HONDA vs 宗像サニックス(大阪・花園)
キヤノン vs トヨタ自動車(大阪・花園)


第10節
3月28日
パナソニック vs HONDA(東京・秩父宮)
サントリー vs クボタ(東京・秩父宮)
キヤノン vs NTTコム(愛知・パロマ瑞穂)
トヨタ自動車 vs リコー(愛知・パロマ瑞穂)
NTTドコモ vs NEC(大阪・ヤンマー)
東芝 vs 日野(山口・維新公園)

3月29日
ヤマハ vs 宗像サニックス(大阪・花園)
三菱重工 vs 神戸製鋼(大阪・花園)


チケットの払い戻し、ならびに試合中止に伴う勝ち点については決定次第発表される。



記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ