トップリーグ開幕直前・府中ダービーレポート―リーチ、バレットが初登場。 | ラグビージャパン365

トップリーグ開幕直前・府中ダービーレポート―リーチ、バレットが初登場。

2020/12/27

文●大友信彦


2020年12月26日、トップリーグ開幕を3週間後に控え、サントリーと東芝が府中市内でプレシーズンマッチ(練習試合)を行った。これは、同じ府中市内にホームグラウンドを置く両チームが開幕前、ほぼ毎年実施しているプレシーズン恒例のイベント。今回はコロナ感染拡大中ということもあり無観客で、場所も公表せずに行われた。

試合前、ウォームアップするボーデン

試合前、ウォームアップするボーデン

東芝は、6月に「頭から足首まで全身あちこちを」(本人)手術したリーチマイケルが先発6番フランカーで久々の実戦復帰。サントリーでは12月1日に来日、2週間の自主隔離を経て15日にチームに合流した現役オールブラックスSOボーデン・バレットがリザーブで初めてメンバー入り。見所の多い試合となった。

CTB12中村主将からCTB13ケレビへのパス。TLでのケレビの突破力が楽しみだ

CTB12中村主将からCTB13ケレビへのパス。TLでのケレビの突破力が楽しみだ

試合は前半2分、サントリーがCTBサム・ケレビの豪快なトライで先制。SO田村煕のコンバージョンも決まり、サントリーが7点を先行。

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ