トップリーグ2020の中止が決定、日本選手権の出場チームは別途発表 | ラグビージャパン365

トップリーグ2020の中止が決定、日本選手権の出場チームは別途発表

2020/03/23

文●編集部


23日(月)、ジャパンラグビートップリーグは、中断となっていたトップリーグ2020・第11節以降の全試合の中止を発表。2020大会の中止を決定した。

中止に至った経緯

公式発表された中止理由は以下のとおり


1.ご来場のお客様、選手、関係者の健康と安全の確保
2.新型コロナウイルスの世界的な拡大により、ニュージーランド、オーストラリア等、各国の政府による海外に滞在する自国民への即時帰国が呼びかけられたことで、所属選手が多数帰国すること
3.トップリーグの全てのチームは企業スポーツとして加盟・活動しており、選手・スタッフが感染した際に企業に与える影響が非常に大きいこと


太田 治 チェアマンの公式コメントは以下のとおり

平素よりジャパンラグビー トップリーグへのご声援、誠に有難うございます。この度、新型コロナウイルスの世界的な感染リスクを踏まえ、ファンの皆様と選手ファーストの観点、チーム及び関係者の皆様の安心安全の観点により、苦渋の決断ではありますが、ジャパンラグビー トップリーグ2020の全ての試合を中止する事としました。トップリーグ再開を楽しみにお待ちいただいておりましたファンの皆様、選手・関係者の皆様には、大変申し訳なく思いますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。今後は、新型コロナウイルスの収束を願うとともに、社会情勢を見ながら5月の日本選手権に向けた新たな大会を模索して参ります。引き続き、ジャパンラグビー トップリーグを何卒よろしくお願い申し上げます。

 

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ