トップリーグ2021ファイナル・パナソニックが頂点に | ラグビージャパン365

トップリーグ2021ファイナル・パナソニックが頂点に

2021/05/24

文●編集部


5月23日、秩父宮ラグビー場ではトップリーグの歴史を締めくくるにふさわしいレベルの高い80分が繰り広げられた。サントリーサンゴリアス対パナソニックワイルドナイツの決勝戦を詳しく振り返っていく。

2003年の開幕から18年、ファイナルシーズンとなるトップリーグ2021、ついに頂点を決める決勝戦が始まる。この試合は第58回日本選手権も兼ねたダブルタイトルをかけた試合となった。互いに今シーズン無敗同士の戦い。サントリーサンゴリアス(レッドカンファレンス1位)とパナソニックワイルドナイツ(ホワイトカンファレンス1位)が激突した。

これまでトップリーグに出場した全チームのフラッグが並んだ

これまでトップリーグに出場した全チームのフラッグが並んだ

まずはスターティングメンバーから見ていこう。

サントリーは準決勝からの変更はなし。パナソニックはキャプテンのHO坂手淳史、FLベン・ガンターが戻ってきた。WTBセミシ・トゥポウを先発に入れ、FW、BKともに強力な布陣となった。

ボーデン・バレット

ボーデン・バレット

サントリーのキックオフでゲームがスタート。バレットが蹴ったボールは10mをやや超えたあたりに落ちてくる。このボールをマイボールにしたのはサントリー。9フェイズを重ねるが10m付近で停滞。サントリーはバレットがハイパント。このボールをパナソニックFB野口竜司がノックオン。この試合のファーストスクラムを迎える。

中村亮土からのキックパス。

中村亮土からのキックパス。

バレットの突破から22m内側まで攻め込むサントリー。逆サイドに展開するサントリーはCTB中村亮土がキックパス。HO中村駿太がキャッチできずノックオン。直後のスクラムでパナソニックがペナルティを獲得。ハーフウェイ付近のラインアウトとなる。

中村駿太がキャッチできずノックオン

中村駿太がキャッチできずノックオン

 

ルースボールを中村駿太がセービング

ルースボールを中村駿太がセービング

このラインアウトをパナソニックがキープできず、ルーズボールになったところ、サントリー・HO中村駿太がセービングしキープ。すぐさま左オープンサイドへ展開。

バレットのパスを絶妙な角度を走ってCTBライリーがインターセプト

バレットのパスを絶妙な角度を走ってCTBライリーがインターセプト

バレットからNO8ショーン・マクマーンへのパスをCTBディランライリーがインターセプト。そのままインゴールまでボールを持ち込みトライ。SO松田力也のコンバージョンも決まり7-0とした。

 

11分、サントリーがノックオン、ルーズボールを確保したパナソニックはライリーが誰もいない裏のスペースへキック。チェイスするのはライリーとWTBトゥポウの二人、そしてサントリーはWTB江見翔太。江見がボールをキープしFB尾崎へ。そして尾崎から中村へ、タッチキックに蹴り出しピンチを凌ぐ。

江見がボールをキープ!

江見がボールをキープ!

 

直後のラインアウトでサントリーが空中でのタックルでペナルティ。さらに10m罰退でパナソニックはショットを選択。松田が落ち着いて決め10-0とした。

江見のトライは直前のパスがフォワードパスの判定で認められず

江見のトライは直前のパスがフォワードパスの判定で認められず

15分、サントリーはWTB江見が相手ディフェンダーを交わしてトライかと思われたがTMO判定の結果、直前のパスがフォワードパスということでトライは認められず、直前のパナソニックペナルティからゲームが再開。サントリーはショットを選択。バレットが蹴ったボールはゴールポスト右にあたり失敗。

18分、パナソニックは、ハイボールをキャッチした福岡が横にスワーブしながらボールをキープ。パークス、ライリー、トゥポウとつながり敵陣22m手前へ、SH内田啓介が逆サイドへ展開。

一気に22m内側までパナソニックがボールをキャリー。ゴール前FWでフェイズを重ね、BKへ展開。松田が狭いスペースにグラバーキック。福岡がグラウディングできずノックオン。

25分、サントリーはハーフウェイやや自陣よりでノーボールタックルのペナルティ。パナソニックはショットを選択。松田が見事に決めて13-0とリードを広げた。

野口竜司の仕掛け

野口竜司の仕掛け

26分、パナソニックはハーフウェイ付近のブレイクダウンでボールを奪うと、FB野口が仕掛ける。自らショートパントしたボールをキャッチすると、後ろからサポートしてきた福井翔大にパス。福井がビッグゲインでゴールに迫る。サントリーは江見がタックルしボールを奪いスコアを許さない。

30分、パナソニックはオフサイドのアドバンテージをもらった状況で22m陣内に入る。10フェイズ目、松田からのフラットなパスを受けた福岡が、タッチライン際、中鶴、バレットのタックルを受けながらも体を残し、左隅にトライ。

ここまですべてのプレイスキックを決めている松田が難しい角度のコンバージョンをしっかりと決め20-0とリードを広げた。

なかなかスコアが取れなかったサントリーはようやく35分、キャプテンCTB中村亮土が敵陣ゴール前でショートパントを裏スペースに蹴り込み、そのボールを自らキャッチしトライ。7-20とする。

 

サントリーに流れが傾いた矢先の37分、パナソニックは敵陣10m付近でライリーが梶村祐介との1対1でしっかり倒すとFL布巻峻介がジャッカル。

ノットリリースのペナルティでショットを選択。松田が3本目となるPGを決め23-7とリードして前半を終えた。


後半最初にスコアしたのはサントリー。梶村の突破から敵陣22mまでボールを運ぶと、右サイドへ展開。バレット、垣永真之介、森川由起乙とオフロードでつなぐと最後はWTB中鶴隆彰がトライ。12-23とする。

 

試合が膠着し始めた51分、パナソニックは強力リザーブ陣を投入。HO堀江翔太、PRクレイグ・ミラー、PRヴァルアサエリ愛、FL福井翔大がピッチに入る。

するとすぐさま試合が動く。ハーフウェイ付近で、パークスが裏スペースへキック。ボールを追いかける、梶村と野口。梶村がボールをキャッチするも、すでに野口が迫っていて、ボールを出すことができずそのまま押し出されてパナソニックのチャンス。


ラインアウトからフェイズを重ね攻めるパナソニック。サントリーもすぐにはトライを許さない。53分、サントリーがオフサイド。パナソニックはトライを狙いにいく。

ラインアウトモールからゴール前でポイントを作る。ゴール前ラックから、PRヴァルアサエリ愛がピックしてトライ。28-12と再びリードを広げる。

70分、サントリーは中盤のルーズボールをNO8マクマーンがキック。そのボールを自らキャッチしゲインし、後ろからサポートに入ってきたSH斉藤直人につながるとそのままゴール中央にトライ。19-28と9点差に追い上げた。

 

9点差まで追い上げたサントリーは自陣からボールをキープ。すると73分、パナソニックFL福井翔大が値千金のジャッカルでPKを獲得。

蹴るのは、松田から代わった山沢拓也。確実にPGを決め貴重な追加点をあげ31-19とし、サントリーへ行きかけた流れを止めるとともに追い詰めた。

それでもサントリーは、78分、FB尾崎晟也のトライで26-31と1トライ1ゴールで逆転可能な点差にする。

迎えたパナソニックのキックオフからリスタート。サントリーはNO8ショーン・マクマーンが抜け左に展開。バレットから大外で並走していたWTB江見翔太へのパスが乱れ、痛恨のノックオン。これで万事休す。

パナソニックは直後のスクラムでボールをキープすると、山沢がタッチに蹴り出し試合終了。31-26でパナソニックがサントリーに勝利し、2015年度以来5度目、日本選手権は6度目の制覇を成し遂げた。


試合終了後、しばらく立ち尽くす福岡

試合終了後、しばらく立ち尽くす福岡

 

 

SCOREBOARD

トップリーグ2021・決勝 秩父宮ラグビー場

  • TRY(4)
  • G(3)
  • PG(0)
  •  
  • 前半17分 PGx 10.ボーデン・バレット
  • 前半35分 T 12.中村亮土
  • 前半36分 G 10.ボーデン・バレット
  • 後半2分 T 14.中鶴隆彰
  • 後半2分 Gx 10.ボーデン・バレット
  • 後半30分 T 21.齋藤直人
  • 後半30分 G 10.ボーデン・バレット
  • 後半38分 T 15.尾崎晟也
  • 後半39分 G 10.ボーデン・バレット
  •  
  •  
  •  
  • PENALTY
  • PK(9)
  • FK(0)
  • TRY(3)
  • G(2)
  • PG(4)
  •  
  • 前半5分 T 13.ディラン・ライリー
  • 前半6分 G 10.松田力也
  • 前半14分 PG 10.松田力也
  • 前半25分 PG 10.松田力也
  • 前半30分 T 11.福岡堅樹
  • 前半31分 G 10.松田力也
  • 前半39分 PG 10.松田力也
  • 後半15分 T 18.ヴァルアサエリ愛
  • 後半17分 Gx 10.松田力也
  • 後半29分 PGx 22.山沢拓也
  • 後半33分 PG 22.山沢拓也
  •  
  • PENALTY
  • PK(5)
  • FK(0)

  • MEMBER_サントリー

  • 1 森川由起乙 後半16分 OUT → IN 17 石原慎太郎
  • 2 中村駿太 後半16分 OUT → IN 16 堀越康介
  • 3 垣永真之介 後半5分 OUT → IN 18 セミセ・タラカイ
  • 4 トム・サベッジ 前半32分 OUT → IN 19 ジョー・ラタ
  • 5 ハリー・ホッキングス
  • 6 ツイヘンドリック 後半16分 OUT → IN 20 テビタ・タタフ
  • 7 小澤直輝
  • 8 ショーン・マクマーン
  • 9 流大 後半21分 OUT → IN 21 齋藤直人
  • 10 ボーデン・バレット
  • 11 江見翔太
  • 12 中村亮土 (Cap)
  • 13 中野将伍 後半0分 OUT → IN 23 梶村祐介
  • 14 中鶴隆彰 後半21分 OUT → IN 22 田村煕
  • 15 尾崎晟也
  • 16 堀越康介
  • 17 石原慎太郎
  • 18 セミセ・タラカイ
  • 19 ジョー・ラタ
  • 20 テビタ・タタフ
  • 21 齋藤直人
  • 22 田村煕
  • 23 梶村祐介

  • MEMBER_パナソニック

  • 1 稲垣啓太 後半11分 OUT → IN 17 クレイグ・ミラー
  • 2 坂手淳史 (Cap) 後半11分 OUT → IN 16 堀江翔太
  • 3 平野翔平 後半11分 OUT → IN 18 ヴァルアサエリ愛
  • 4 ヒーナンダニエル 後半5分 OUT → IN 19 長谷川崚太
  • 5 ジョージ・クルーズ
  • 6 ベン・ガンター 後半33分 OUT → IN 20大西樹
  • 7 布巻峻介 後半11分 OUT → IN 23 福井翔大
  • 8 ジャック・コーネルセン
  • 9 内田啓介 後半19分 OUT → IN 21 小山大輝
  • 10 松田力也 後半19分 OUT → IN 22山沢拓也
  • 11 福岡堅樹
  • 12 ハドレー・パークス
  • 13 ディラン・ライリー
  • 14 セミシ・トゥポウ
  • 15 野口竜司
  • 16 堀江翔太
  • 17 クレイグ・ミラー
  • 18 ヴァルアサエリ愛
  • 19 長谷川崚太
  • 20 大西樹
  • 21 小山大輝
  • 22 山沢拓也
  • 23 福井翔大

  • 記事検索

    バックナンバー

    メールアドレス
    パスワード
    ページのトップへ