トップ4入りを目指すリコーとNTTコムの戦いは最後まで激戦に!リコーが僅差の戦いを制す | ラグビージャパン365

トップ4入りを目指すリコーとNTTコムの戦いは最後まで激戦に!リコーが僅差の戦いを制す

2017/08/19

文●編集部


トップリーグ2017−18が8月18日開幕。東京・秩父宮ラグビー場のオープニングゲームは昨年大躍進した2チームの対戦となった。NTTコミュニケーションズシャイニングアークス(NTTコム・昨年5位)とリコーブラックラムズ(リコー・昨年6位)が対戦した。

前半、差し込まれたNTTコムがペナルティー。リコーはSOタマティ、NO8ボークを中心にアタック

代表でも司令塔として結果を

代表でも司令塔として結果を

NTTコムはFL金正奎、ウィリー・ブリッツ、NO8アマナキ・レレィ・マフィ、SO小倉順平、WTB羽野一志と代表やサンウルブズでも活躍するタレントが揃っている。ロブ・ペニーヘッドコーチ就任から着実に成績をあげているチームで、今シーズンは初のトップ4入りを目指す。

羽野一志

羽野一志

 

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ