パナソニック、クボタとの激闘を制す―超満員の熊谷を熱くさせる戦いだった | ラグビージャパン365

パナソニック、クボタとの激闘を制す―超満員の熊谷を熱くさせる戦いだった

2020/01/13

文●編集部


12日、ジャパンラグビートップリーグ2020がついに開幕。熊谷ラグビー場ではパナソニックワイルドナイツとクボタスピアーズの一戦が行われ、会場には17,722人の観衆が訪れた。ワールドカップ出場選手では、パナソニックがPR稲垣啓太、ヴァルアサエリ愛、HO堀江翔太、坂手淳史。LOサム・ホワイトロック、FLデービッド・ポーコック、WTB福岡堅樹、CTBダミアン・デアリエンディという錚々たるメンバー。対するクボタも、FLラピース、NO8ダミアン・デアリエンディ、SOバーナード・フォーリー、CTBライアン・クロッティというトップレベルの選手が名を連ねた。

前半3分パナソニックのルーキーWTB竹山が約50mのロングPGを決めて先制

前半3分パナソニックのルーキーWTB竹山が約50mのロングPGを決めて先制

前半、パナソニックはWTB竹山晃暉が2本のPGを決める。対するクボタはFBゲラード・ファンデンヒーファーが1本PGを決め6-3とパナソニックがリード。

前半17分、S0山沢のキックパス-CTBライリーのタップバックを受けてパナソニックWTB福岡が両チーム初トライ

前半17分、S0山沢のキックパス-CTBライリーのタップバックを受けてパナソニックWTB福岡が両チーム初トライ

17分、FB野口竜司の個人技で敵陣に入り込むとSO山沢拓也の精巧なキックパスがつながり最後はWTB福岡堅樹がトライ。

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ