初キャップ!クボタ・SH藤原忍「もっと信頼されるSHになる」 | ラグビージャパン365

初キャップ!クボタ・SH藤原忍「もっと信頼されるSHになる」

2021/04/04

文●編集部


クボタスピアーズ・SH藤原忍が3日、サントリーサンゴリアス戦で初キャップを果たした。出場したのは後半40分。緊迫した接戦の状況でなかなか出場するタイミングがなかった。一方1年先輩であるサントリー・SH齊藤直人は後半22分から出場しインパクトプレーヤーとして機能していた。「まだまだ僕の力不足でフラン(・ルデュケHC)が自信をもって任せてもらえるようなSHになりたい」と思いを話した。

リザーブで後半の最後に出ましたが、それまでクロッティーと話をしていました。こういうスターティングメンバーが戦っている中でリザーブとしてどうしないといけないかについて話し合っていました。結果、試合は惜しい結果で負けてしまいましたが、接戦の状況でもフラン(ルデュケHC)に自信をもって任せてもらえるようなSHになりたいと思いました。

試合に出るまでは、どういう展開になるか、とか接戦だったので、チームにピンチで焦りもあるやろうし、そこを落ち着かせるためにコミュニケ―ションをとったりと考えていました。(試合に)出たかった気持ちはありましたが、そこはまだ僕の力不足でまだ信頼を得られていないので普段の練習からしっかりやっていきたい。

――両チームのSH(流大、齊藤直人、井上大介)を見る機会となりましたが、勉強担った部分はありますか。


やっぱり、3人ともみんなとコミュニケーションをとれるし、周りを見て動かしてたり、時間配分だったりは全然違うなと思いました。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ