初タイトル奪取へ!クボタ、ロスタイム5分を凌いでファイナル進出 | ラグビージャパン365

初タイトル奪取へ!クボタ、ロスタイム5分を凌いでファイナル進出

2019/08/07

文●大友信彦


トップリーグカップ準決勝、もう1試合は東芝vsクボタの顔あわせで、横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で行われた。 プールBの東芝はNTTコム、ヤマハ発動機、NTTドコモ、宗像サニックス、九州電力に5戦全勝。 プールCのクボタはキヤノン、コカコーラ、釜石シーウェイブス、三菱重工相模原に4勝、トヨタ自動車が大会を辞退したことによる不戦勝を含め5戦全勝で1位通過した。 試合は8月4日(日)、まだ強い日差しの照りつける午後5時にキックオフされた。

東芝はSH小川主将の強気のリードで序盤をリードした

東芝はSH小川主将の強気のリードで序盤をリードした

先制したのは東芝だった。
6分、SH小川高廣主将の突破で攻め込むと、5mスクラムを押し込んでアドバンテージを得ておいて左に展開、WTBバンワイクがトライ(バンワイクC失敗)。

東芝カフイとクボタ立川の12番対決は見応えがあった

東芝カフイとクボタ立川の12番対決は見応えがあった

続く8分には相手キックオフをリターンしてCTBカフイが豪快に突破、クボタCTB立川理道を幻惑しておいて右のWTBナイカブラにラストパス(バンワイクC成功)。東芝が両翼の外国人選手の連続トライで12点を先行した。

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ