同期の活躍が刺激になっている。二戦連続の先発出場NTTコム・SH湯本陸 | Rugby Japan 365

同期の活躍が刺激になっている。二戦連続の先発出場NTTコム・SH湯本陸

2017/09/10

文●編集部


トップリーグ第4節、昨年覇者に挑んだNTTコム。9番の背番号を背負ったのはルーキーの湯本陸(東海大卒)。NTTコムのワイドな展開を実現するには、素早い球捌きと瞬時の判断が求められる。トライこそ1本に終わったものの、湯本の球捌きから幾度となくサントリーゴール前に攻めこんだ場面があった。試合後に話を聞いた。

――ルーキーながら、前節に続いて先発出場でした。


チャンピオン相手にどれだけチャレンジできるか、また自分たちのラグビーをやることを心がけました。チャレンジした結果、ミスをして相手に得点を与えてしまったことは反省するべきところです。スコアするところでスコアできていれば、また展開変わっていたと思います。前向いていきたい。


――サントリーの強さはどのあたりで感じた?


一人ひとりの状況判断、動きの部分はやっていて感じた。また得点力もある。いいところでトライを取るという部分では相手が上回っていたと思います。


――どのあたりで対抗しようと思ってプレーしていた?


ボールキープしたら、自分たちの強みが出せると思っていました。ですが、プレッシャーの中で、キックで相手にボールを渡してしまって流れをもっていかれたり、(SHとして)僕が判断ミスをしたりして、チームにいい影響を与えることができなかったです。


――サントリーにも新人WTB松井千士がいました。また今シーズン、他のチームでも新人が活躍しています。


いいスピードと身体の強さアピールしていたと思います。僕自身まだまだと思います。(自分の同期となるルーキーの活躍は)刺激にはなります。帝京大出身の選手たちも頑張っている。僕もいいチームでやらせてもらっているので頑張りたい。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ