姫野和樹、海外挑戦!「日本にいてはわからないものをが見えてくる」 | ラグビージャパン365

姫野和樹、海外挑戦!「日本にいてはわからないものをが見えてくる」

2020/10/22

文●編集部


10月22日(木)、来年、スーパーラグビー(SR)のオタゴ・ハイランダーズ(ニュージーランド)への挑戦が決まった姫野和樹選手(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)がオンラインで記者会見を開いた。

今後、自分の夢である『ラグビーを日本になくてはならないものにする』という思いがあるので、その夢を叶えるために自分が海外挑戦のチャンスつかむことで、日本ラグビーに大きなものをもって帰れる。あちらで活躍することで、僕のプレーを見て、勇気や感動をこどもたちや選手に感じてもらいたい。また自分の成長という点で、居心地のよい日本を離れて ハングリーにプレーすることが必要だと感じたので海外でのプレーを選びました。昔から海外に行きたいという思いはありましたが、ワールドカップという舞台を経てからより強くなりました。

スーパーラグビーは率直にレベルが高い。アオテアロアをみてもそうですし、自分に持っていないものをもっている選手が多い。


――スーパーラグビーでパワーアップした姫野選手を日本の会場で見ることを期待してもよいですか。


もちろんです。そのために海外に行きます。何かを得て帰ってくると期待して待っていてほしいと思います。


――何を成長させたい


一つは英語能力を伸ばしたい。プレーだと、オフロードパスやスキルの部分、サポートコースなど。NZの選手たちには見えていて、自分には見えていない部分を伸ばしたい。

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ