延長戦!サントリーが死闘を制しファイナル進出。勝負を分けたゴール前の攻防 | ラグビージャパン365

延長戦!サントリーが死闘を制しファイナル進出。勝負を分けたゴール前の攻防

2018/12/09

文●編集部


12月8日、秩父宮ラグビー場で行われたファイナルをかけた大一番は、80分で決着がつかなかった。トップリーグの順位決定戦と日本選手権を兼ねた試合は、トップリーグで採用している「延長戦」という方式が適用され、最初にポイントをあげたほうが勝利するという緊張感ある展開になった。前半リードしたヤマハはサントリーという「王者」をあと一歩というところまで追い詰めた。しかし後半40分はサントリーの分厚いディフェンスの前にスコアを上げることができず苦しい展開に。それでもヤマハは試合終了間際に同点に追いつき延長戦に突入するが、延長5分、ギタウにPGを決められノーサイド。28−25でサントリーがヤマハに勝利し、ファイナル進出を決めた。

試合開始早々、サントリーSOギタウがラインブレイク

試合開始早々、サントリーSOギタウがラインブレイク

 

前半2分、サントリーWTB尾崎が先制トライ

前半2分、サントリーWTB尾崎が先制トライ

 

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ