灼熱の戦い!神戸製鋼がサントリーに勝利しファイナル進出 | ラグビージャパン365

灼熱の戦い!神戸製鋼がサントリーに勝利しファイナル進出

2019/08/05

文●編集部


4日、ヤンマーフィールド長居では「ジャパンラグビートップリーグ2019・プレーオフ準決勝」サントリーサンゴリアス対神戸製鋼コベルコスティーラーズの一戦が行われた。国内リーグ・屈指の好カード、30度を超す天候の中、会場には5,000人近い観客が訪れ熱い声援が送られた。神戸製鋼は事前に登録されていたSOヘイデン・パーカーが当日登録を抹消。9番日和佐篤、10番アンドリュー・エリスのハーフ団で挑んだ。

日和佐のスピード感ある玉捌きは、インターナショナルクラス。サントリーのディフェンスラインを整備させる前にボールをクリーンアウトし、揺さぶりをかけゲインを続けた。10番を務めたエリスとのコンビネーションも遜色なく、エリスの絶妙なプレー選択はサントリーのディフェンスを迷わせ、チームのアタックを機能させていた。

サントリーがギタウのPFで先制。

サントリーがギタウのPFで先制。

 

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ