神戸製鋼、ベン・スミス、アーロン・クルーデン入団記者会見レポート | ラグビージャパン365

神戸製鋼、ベン・スミス、アーロン・クルーデン入団記者会見レポート

2020/11/05

文●編集部


11月4日、トップリーグ・神戸製鋼コベルコスティーラーズはオールブラックスのFBベン・スミスとSOアーロン・クルーデンの入団記者会見を行った。会見は、早駒運輸が運営するクルーズ船「Boh boh KOBE号」のデッキで行われた。10月中旬に来日した二人は、自主隔離期間を経て、チーム練習に合流してまだ4日という状況だという。

ベン・スミスはオールブラックスで84キャップ。クルーデンは50キャップ。2011年のワールドカップ優勝を経験した世界的プレーヤー。昨シーズン限りでチームを退団した、SHアンドリュー・エリス、SOダン・カーター、CTBアダム・アシュリークーパーにも引けを取らない強力な選手だ。記者会見の模様を余すことなくお伝えする。


「二人は仲間のためにハードワークする価値観を持ち合わせている」ウェイン・スミス総監督

ウェイン・スミス総監督

ウェイン・スミス総監督

2人ともワールドクラスの選手であり、コベルコスティーラーズのラグビースタイルにフィットしています。そして、我々が目指す選手像であるスチールワーカー、仲間のためにハードワークする価値観を持ち合わせています。2人とも人間性が素晴らしく、リーダーシップもあり、家族を大切しています。

コベルコスティーラーズはこのような選手を求めており、彼らも神戸でプレーしたいと申し出てくれました。2018年の優勝に貢献してくれた主力の外国人選手、クーパー、エリス、カーターがチームを卒業していったが、ベンとアーロンはこのレガシーを継続してくれると強く信じています。

 

ベン・スミス(日本語で)


みなさん、神戸でプレーするのを楽しみにしています。神戸の優勝に貢献できるように頑張ります。

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ