神戸製鋼がNECに勝利し4連勝。ボーナスポイントは奪えず。NECは悔やまれる序盤の失点 | ラグビージャパン365

神戸製鋼がNECに勝利し4連勝。ボーナスポイントは奪えず。NECは悔やまれる序盤の失点

2017/09/09

構成●編集部


9月8日、秩父宮ラグビー場ではトップリーグ第4節NECグリーンロケッツと神戸製鋼コベルコスティーラーズの試合が行われた。試合は、前半4分、神戸製鋼ルーキーのCTB重一生(帝京大卒)のトライを皮切りに、神戸製鋼が立て続けにトライを決め、前半15分で、21−0と大きくリード。NECもハーフタイムで修正をはかり後半2つのトライを決めるも、後半31分、NEC陣内ゴール前の神戸製鋼ボールスクラムから、キャプテンFL前川鐘平のトライで勝負あり。29−12で神戸製鋼が勝利した。

先制トライの重

先制トライの重

神戸製鋼・ジム・マッケイHCは「直近の一週間も確かにそうですが、プレシーズンをはじめ過去5週間に渡って準備してきたことを遂行して、勝利という結果をのこしてくれた選手を誇りに思う」と選手たちを讃えた。

前半、突破からエリスにラストパスを出すFL安井

前半、突破からエリスにラストパスを出すFL安井

 

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ