神戸製鋼快勝!新加入のラファエレティモシーに訊く「チームのシステムを覚えてその中でプレーしたい」 | ラグビージャパン365

神戸製鋼快勝!新加入のラファエレティモシーに訊く「チームのシステムを覚えてその中でプレーしたい」

2020/01/27

文●編集部


26日、ジャパンラグビートップリーグ2020、神戸製鋼コベルコスティーラーズ対サントリーサンゴリアスの一戦がノエビアスタジアム神戸で行われた。26,312人の超満員の中、世界レベルのプレーが繰り出され、試合は35-29で神戸製鋼が勝利した。今シーズンよりチームに加入した、日本代表CTBラファエレティモシーに話を訊いた。

「ここで自分のスキルレベルをあげて、チームのシステムでプレー」

――神戸製鋼でサントリーに勝ちました。


強い相手に勝って嬉しいですね。


――今、チームではどういうことをしている?


チームのシステムに集中して信頼している。今、慣れている。W杯終わって3週間後に合流した。


――ウェイン・スミス(総監督)には何を言われていますか


ここで自分のスキルレベルを上げて、チームのシステムを早く覚えて、チームのシステムでプレーしてほしい。



――今日の試合でもオフロードパスが多かったですね。


コーチにはエッジ(端)のところでラック作らないで、オフロードを多くしようと、エッジのグループは言われています。



――ターンオーバーからのアタックが良かったですね。


はい。良かった。ターンオーバー後はどんどんボール回してプレーしなさい(と言われている)


――その差で負けたと、ミルトン・ヘイグ(サントリー・HC)は負けたと言っていました。


そうですね。トランジッションのところはサントリーより神戸製鋼の方が早かったですね。コンタクトエリアはサントリーが強かった。


――2人目の意識に差があった?


そうですね。ずっと今週ラックのところをフォーカスしていました。サントリーの選手、ジャッカル強いからそのエリアで(戦ってほしい)と。

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ