14人のパナソニックがキヤノンから7トライ!MOMディラン・ライリーに訊く | ラグビージャパン365

14人のパナソニックがキヤノンから7トライ!MOMディラン・ライリーに訊く

2020/02/03

文●編集部


2月2日、ジャパンラグビートップリーグ2020・第4節キヤノンイーグルス対パナソニックワイルドナイツの一戦が町田GIONスタジアムで行われた。前半3分でパナソニックは日本代表HO坂手淳史がレッドカードで一発退場。波乱の幕開けとなた。不利な状況となったパナソニックは、ここまで全試合ボーナスポイントを獲得し勝利している強さをこの試合でも見せた。

前半10分、0ー5の状況でFL長谷川峻太が敵陣10付近から22m付近まで、ボールをゲイン。LOサム・ホワイトロックが22mに切れ込む。キヤノンはブレイクダウンの攻防で規律をコントロールできず不要なペナルティ。パナソニックにアドバンテージ。SH内田啓介が右オープンサイドへ大きく展開。CTBディラン・ライリーが相手タックルを物ともせず22m内側へ前進。フリップパスでデアリエンディのトライを演出した。

チームは序盤の予想外の展開にもすぐにスコアをいれたことで徐々に落ち着きを取り戻り、16分にはリーダーのHO堀江翔太が「今やるべきことをやろう」とメンバーをかけ、オールブラックス117キャップのサム・ホワイトロックもトライをされた後、メンバーをすぐハドルに呼び戻し、メンバーに声をかけた。

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ