73点を失った東芝―「ポジティブにとらえて」リーチマイケル | ラグビージャパン365

73点を失った東芝―「ポジティブにとらえて」リーチマイケル

2021/03/21

文●編集部


雷雨による中止後、代替試合となった20日、伝統の一戦「府中ダービー」は誰もが予想しない展開となった。80分を終え、スコアボードには73-5という試合結果が表示されていた。試合後、ブラックアダーHCは「私達にはいい選手、そしていいリーダーがいる。ここから立ち上がっていきたい」と悔しさを表した。日本代表のキャプテンを務めるリーチマイケルは、リーダーとしてハドルの中でチームに対してポジティブなメッセージを発した。まだシーズンは続く。来週のNTTコム戦にむけて再びマインドセットをすることがチームに求められる。そして、マイケルが試合後に話したこととは。

今週も、多くのお客さんの前で試合できたことがは嬉しく思います。(小川)高廣キャプテンが全て言ってくれています。サントリーはトップリーグの中でトップチーム、この経験はポジティブにとらえて前向きに準備をしていきたい。

――ブレイクダウンについて、ペナルティーやテンポアップができていないかった。


東芝はテンポをもってアタックしたかったけど、サントリーはプレッシャーかけてきた。ブレイクダウンの精度をあげないとこういう展開になる。来週の準備から精度をあげるように準備したい。

――ディフェンスについて


僕らがやられたところは自分たちがペナルティーを犯してしまったこと。相手がキックして、セットピースからプレッシャーをかけられた。セットからのディフェンスも悪くなかった。相手のシェイプに対して対応できていた。アンストラクチャーになったり、キックチェイスにプレッシャーをかけられてしまった。

――現在のコンディションは


ボールタッチの回数も増えて、コンディションは毎試合あがってきている。来週は今日よりも良くなっていく。シーズン通して良くしていきたい。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ