NTTコムシャイニングアークス新加入のリアリーファノ、マークスが記者会見。ナキ、山田章仁がチーム初優勝への想いを語る | ラグビージャパン365

NTTコムシャイニングアークス新加入のリアリーファノ、マークスが記者会見。ナキ、山田章仁がチーム初優勝への想いを語る

2019/11/29

文●編集部


29日、都内でNTTコミュニケーションズシャイニングアークス(以下、Nコム)の記者会見が行われ、日本代表のアマナキ・レレィ・マフィ、オーストラリア代表のクリスチャン・リアリーファノ、南アフリカ代表のマルコム・マークス、そしてチームが提携したフランスのTOP14所属LOUラグビークラブ(リヨン)に帯同した山田章仁が登壇した。今シーズンから、5年間BKコーチを務めたヒュー・リース・エドワードがヘッドコーチに就任。初のリーグ制覇を目指す。

日本代表のアマナキ・レレィ・マフィは「ベスト8という目標を対戦できて嬉しくて、まわりの人達も喜んでくれた。まだまだいける。ベスト8のおかげで日本のラグビーものすごく人気がでた。2023年は優勝を目指していきたい。まだ時間はある。4年間も。今回死ぬほど練習してベスト8。どういう練習すれば優勝できるのかは、(マルコム)マークスに聞いた方がいいね」とワールドカップを振り返り、2023年フランス大会への思いを話した。

「休んだ?疲れはとれた」という記者の質問に対して、「2015年大会の後、ずっと1年ラグビーしていた。海外行って、日本に戻ってきてずっとラグビーしていた。今回はGMから休みをもらって、本当に休むことができた。8時間、たっぷり寝ることもできた。自分の家で。練習の事考えないで(笑)。筋肉(が落ちたりすることも)あるけど、休むのはいいことですね。」と今大会が終了してリフレッシュできた様子。

一緒に記者会見に出席した、リアリーファノやマークスなど、トップ選手と一緒に戦うことについては「相手(チーム)だといやだけど、同じチームだと、ありがたいですね。リアリーファノはワールドクラスのゲームコントロールできるし、マークスはセットピース、ブレイクダウンでしっかりと守っている。本当に楽しみ。 最後は、山田さんがトライをきめてくれる(笑)。」と答えた。

白血病を乗り越え、ブランビーズでのパフォーマンスを評価され、オーストラリア代表としてワールドカップに出場したクリスチャン・リアリーファノは「クウォーターファイナルで敗れてしまったのは、本当に残念だった。ワールドカップ終了後は、国に帰って、次のステップにむけてベストコンディションをむかえるためもう一度トレーニングをしていました。(シャイニング)アークスは、クウォリティーの高い素晴らしいチーム。このチームのプレースタイルは好きです。」と意気込みを話した。

日本でプレーする大きな理由を質問されると「一番大きいのは、日本でラグビーの人気が急成長シていること。トップリーグのサポーターも増えていて。日本ラグビーが強くなっている。ラグビーがしたいと思う子どもたちも増えていること」と答えた。

 

ワールドカップを制した南アフリカ代表のマルコム・マークスは「(優勝した後)国に帰って、あらためて多くのサポーターが応援してくれていたこと感じた。若い世代にいい刺激を与えることができたと思いましたし、小さなこどもたちがラグビーボールをもって遊んでいるところを見て、自分たちがラグビーを通して、違うバックグラウンドを持っていても何かを成し遂げることができるということを伝えることができた」と話した。

「トップリーグは自分にとっていい試練になると思う。日本に来てからまだ2日しかトレーニングしていないのですが、NTTコムはフィールドを広く使ってワイドに展開する。選手はフィットネスもあって、これまでの南アフリカでプレーしてきたチームとは違うスタイルのラグビー。どの国にいてもそのチームのプレースタイルに順応していくことがプレーヤーとしての幅をひろげることになる」と意気込みを語った。

最後に山田章仁は「試合は出ていないですが、チームに帯同して、アークスに持ち帰れるようにウイニングカルチャーを学びました。ワールドカップは初めフランスにいたのでテレビでみていました。帰国してみると、フランスで見る以上に盛り上がっていた。他のチームが日本の文化をリスペクトしている様子が見られた。日本の魅力を伝えることができていてよかった。2023年にむけて日本代表にはチャレンジしていきたいという気持ちはありますが、シャイニングアークスの優勝をめざしてやっていきたい」と話した。

昨シーズンはチーム創設以来最高位の5位。今年は、1月12日の日野レッドドルフィンズ(@秩父宮)が開幕戦となる。大学日本一に輝いた明治大のSO松尾将太郎、代表キャップを持つFB安田卓平(同志社大)、HO山口達也(立命館)らも新加入。今年は例年にも増して激戦が予想されるリーグ戦を制することができるか。注目チームの一つとなるだろう。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ