NTTコムシャイニングアークス新加入のリアリーファノ、マークスが記者会見。ナキ、山田章仁がチーム初優勝への想いを語る | ラグビージャパン365

NTTコムシャイニングアークス新加入のリアリーファノ、マークスが記者会見。ナキ、山田章仁がチーム初優勝への想いを語る

2019/11/29

文●編集部


29日、都内でNTTコミュニケーションズシャイニングアークス(以下、Nコム)の記者会見が行われ、日本代表のアマナキ・レレィ・マフィ、オーストラリア代表のクリスチャン・リアリーファノ、南アフリカ代表のマルコム・マークス、そしてチームが提携したフランスのTOP14所属LOUラグビークラブ(リヨン)に帯同した山田章仁が登壇した。今シーズンから、5年間BKコーチを務めたヒュー・リース・エドワードがヘッドコーチに就任。初のリーグ制覇を目指す。

日本代表のアマナキ・レレィ・マフィは「ベスト8という目標を対戦できて嬉しくて、まわりの人達も喜んでくれた。まだまだいける。ベスト8のおかげで日本のラグビーものすごく人気がでた。2023年は優勝を目指していきたい。まだ時間はある。4年間も。今回死ぬほど練習してベスト8。どういう練習すれば優勝できるのかは、(マルコム)マークスに聞いた方がいいね」とワールドカップを振り返り、2023年フランス大会への思いを話した。

「休んだ?疲れはとれた」という記者の質問に対して、「2015年大会の後、ずっと1年ラグビーしていた。海外行って、日本に戻ってきてずっとラグビーしていた。今回はGMから休みをもらって、本当に休むことができた。8時間、たっぷり寝ることもできた。自分の家で。練習の事考えないで(笑)。筋肉(が落ちたりすることも)あるけど、休むのはいいことですね。」と今大会が終了してリフレッシュできた様子。

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ