NTTコム新加入、マルコム・マークスに訊く「トップリーグでもスーパーラグビーでも同じアプローチ」 | ラグビージャパン365

NTTコム新加入、マルコム・マークスに訊く「トップリーグでもスーパーラグビーでも同じアプローチ」

2020/01/16

文●編集部


1月12日、トップリーグが開幕。オープニングゲームは、NTTコミュニケーションズシャイニングアークス(以下、NTTコム)と日野レッドドルフィンズの一戦。今季からNTTコムに加入した、南アフリカ代表33キャップ、HOマルコム・マークスに初戦を終えた感想を訊いた。

「自分のパフォーマンスだけでなく、チームがどうパフォーマンスできるかが大事」

――初のトップリーグの試合でした


マルコム 試合の入りは思ったとおりにいかなかったが、そこまで悪くはなかったです。初戦はチームにとって勝てたのは良かったです。


――何か想像以上だったことは?


トップリーグだろうとスーパーラグビーだろうと、同じようなアプローチをしようと思って、どんな試合もタフな試合になるだろうと思って臨んでいます。なので、試合するにあたって簡単にいくだろうとは思っていません。

――ジャッカルも決めました


出来たところもあるし出来なかったこともある。初戦ですべて完璧にいくわけではないので、シーズンを通して修正していきます。努力を重ねて成長していきたい。

――トライ取りたかった?


誰もが(トライをとることは)やりたいものです。ショウケイ(金正奎キャプテン)が取れて勝つことができた。自分のパフォーマンスだけでなく、チームがどうパフォーマンスできるかが(が大事)。

――ワールドカップが日本で開催された反響を感じる?


ワールドカップが日本で開催されて、ラグビーの熱が日本でも増えているのを感じている。ラグビーという素晴らしいスポーツをファンの方々が(スタジアムに)来てもらって、サポートしてくれて嬉しい。日本のラグビーの発展のためにも、子どもたちがこうやってラグビーを見て、刺激されるということがいいことだと思う。

――誰とチームで仲良くなった?


いろいろいますが、一人だけを決めるのは難しい。クボタ(スピアーズ)とNTTコムの外国人選手は同じ地域に住んでいるので、結構よく会います。あとはクラブハウスで選手のみんなと楽しく過ごしています。



――日本食は?


寿司はそこまでですが、焼き肉はすごく好きです。一番美味しそうなもの(お肉)を食べています(苦笑)

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ