アーロン・スミス特別インタビュー「ラグビーは体の大きさではない。スキルが全て。僕はそう信じて努力してオールブラックスになれた」 | Rugby Japan 365

アーロン・スミス特別インタビュー「ラグビーは体の大きさではない。スキルが全て。僕はそう信じて努力してオールブラックスになれた」

2018/11/02

文●大友信彦


ワールドカップ3連覇を目指すオールブラックスで、特別な存在感を放っているのがSHアーロン・スミスだ。前回ワールドカップでは決勝トーナメントの3試合を含め7試合中6試合に先発。正確なパスさばきと熱いリードでオールブラックスの連覇に貢献したハーフバックは、日本代表の田中史朗とハイランダーズでレギュラーを争ったライバルとして日本のファンにも知られる。

10月31日、オールブラックスの新ジャージーお披露目イベントで、そのアーロンへのRJ365の特別インタビューが実現した。身長171㎝。オールブラックスの歴史でも最も小柄な選手の一人であるアーロン・スミスの言葉は、小柄な選手の多い日本の選手にも勇気を与えてくれる!
(インタビュー・文=大友信彦)

「フミのプレーを見ていると、本当に一生懸命プレーしていることが伝わってくる。情熱的、熱いハートを感じる」

――よろしくお願いします。


「コンニチワ!ドーゾ」


――日本語、いっぱい覚えましたね。


「ワタシハ、アーロンスミス。アリガトー、ドーモ、サイコー、トテモイイ!」


――Very Good!


(手をあげて)「ミギ、ヒダリ、OK?」


――惜しい、逆です(笑)


「ヒダリ、ミギ、OK?」


――日本語を教えてくれたのはフミ(田中史朗)ですか?


(以下は英語で)「そうだね。フミが教えてくれた言葉はいっぱいある。ここで言えない悪い言葉もある(笑)」


ブレディスローカップでは後半からの出場。

――日本のファンは、フミのチームメートとしてアーロンさんのことをよく知っています。


「それは嬉しい。フミアキはとてもいいチームメートで、良い友だちだ。ハイランダーズでは僕にすごくプレッシャーをかけてきて、私のことも高めてくれた。彼はとてもクリエイティブで、僕らになかった革新的なプレーをたくさん持ち込んでくれたんだ。僕も彼からたくさんのことを学んだし、彼の意見を参考にさせてもらうことも多かったよ」

恵まれた体格ではないがラグビーを心底理解し、高いスキルでトップチームの9番を務めてきた。


――フミは体も大きくないし、体が強いわけでも、足が速いわけでもないし、パスのうまい選手は日本にもたくさんいるけれど、NZの人はみなフミを称賛します。なぜでしょう?


「彼は『ラグビーとは、体が大きくなくてもスキルがあれば勝てるスポーツなんだ』と言うことを証明しています。フミのプレーを見ていると、本当に一生懸命プレーしていることが伝わってくる。情熱的、熱いハートを感じるし、絶対に諦めないという強い気持ちがある。日本チームを見てもそう思います。日本チームを見て、フミを見ると、僕ももっと強くならなきゃと思います。インスパイアしてくれる」


プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ