ウェールズ戦で進歩を証明したジェイミージャパン。僕の選ぶMVPは山田章仁。カギは敵陣でのボール再獲得!SHOTAS CHECK-Vol48 | ラグビージャパン365

ウェールズ戦で進歩を証明したジェイミージャパン。僕の選ぶMVPは山田章仁。カギは敵陣でのボール再獲得!SHOTAS CHECK-Vol48

2016/11/22

解説●後藤翔太 構成●大友信彦


こんにちは、翔太です。
日本代表のウェールズ戦、惜しかったですね。
今回のジャパンは準備期間も短かったし、あまり多くを期待してはいけないのかなと思っていましたが、それを裏切るくらい、素晴らしい、希望を持てるゲームを続けてくれています。

「30−33」どうすればこのスコアが入れ替わったのか・・・

改めて選手たちの能力の高さ、コーチングスタッフの指導の的確さに感心しています。また、この短期間に修正して進化できたのは、今回のキャンペーンだけでなく、普段のトップリーグの時から選手たちが正しいことを積み重ねてきたからだと思います。

さて、ウェールズ戦の日本代表について、後藤翔太的に振り返ってみたいと思います。

試合の結果は30−33。試合終了10秒前までは30−30の同点という紙一重の戦いでした。では、どうすればこのスコアは入れ替わっていたのか。日本はどうすれば勝つことができたのか。僕はそういう観点から、この戦いのデータをとってみました。

僕が注目したのは、ボールを獲得した回数です。

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ