エディー・イングランドの2年連続グランドスラムなるか? ライオンズへのアピール、2019への布石、そして新トレンド登場にも注目! | Rugby Japan 365

エディー・イングランドの2年連続グランドスラムなるか? ライオンズへのアピール、2019への布石、そして新トレンド登場にも注目!

2017/02/03

文●大西将太郎 構成●大友信彦


伝統のシックスネーションズ(欧州6カ国対抗)が開幕する。
イングランドの連勝は続くのか? ストップをかけるのはどこか?
2017年はワールドカップとワールドカップに挟まれた中間年。各国とも、次のワールドカップを睨んだアクションが活発化する注目のシーズンだ。世界のラグビーをチェックし続けるレジェンドにしてラグビーマニアのしょっさんこと大西将太郎さんが、2017年シックスネーションズの注目点を紹介する。



ケガ人続出のエディー・イングランド。エディーはワールドカップに向けて若い選手を起用するのでは・・・

 大きな注目は、やはりイングランドでしょう。どこかが止めるのか、それとも連勝が続くのか。昨年は年間13戦全勝という快記録を達成したイングランドですが、今はケガ人がたくさん出ています。ヴニポラ兄弟、前主将のロブショー……昨年の快進撃を支えた中心選手が何人か抜けるので、安定感がやや欠けることになると思います。

 半面、新しい選手にとってはアピールチャンスです。去年、チームがあれだけ上手く行ったことで、新しい選手が入り込む枠は狭くなっていますから。

 ただ、エディー・ジョーンズ自身が、今年はメンバーを変えていく可能性があると思います。昨年は新しいチームを立ち上げることにうまくいったので、今年は層を厚くする、次のワールドカップで戦えるコマを増やすことに主眼を置くのではないでしょうか。コアメンバーは変えないだろうけれど、そこに若い選手を加えて、次のワールドカップで戦えるよう経験値を上げていく。

 場合によっては、フェードアウトしていく選手がいるかもしれない。日本代表でも、チーム立ち上げのときにはあれだけ頼りにしていた小野澤が、ケガもあったとはいえ、若手の成長で消えていきました。ベテランのケガに備える意味でも、手持ちのカードを増やす年とエディーは考えているかもしれません。

 

プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ