パナソニックの対スーパーラグビー交渉術・田中史朗のプレーオフ強行出場は、いかにして実現したのか? | ラグビージャパン365

パナソニックの対スーパーラグビー交渉術・田中史朗のプレーオフ強行出場は、いかにして実現したのか?

2014/02/21

文●大友信彦


パナソニックの優勝で幕を閉じたトップリーグ、プレーオフ。
多くのファンは、「パナの田中史朗は出場できるのか?」と、やきもきしたに違いない。昨年からハイランダーズで、日本人初のスーパーラグビー選手としてプレーした田中だが、その代償として、昨季は国内シーズン山場のプレーオフ、日本選手権には出場できなかった。

スーパーラグビーの開幕自体は2月中旬で、プレーオフを終えてからでも一見、間に合いそうにも思える。しかし、スーパーラグビーの各チームは12月からプレシーズンキャンプに入っている。オールブラックスのスーパースターが日本のトップリーグ開幕直前に合流するのとは話が違う。評価ゼロからチャレンジしていく立場の人間が、開幕直前に「今着きましたぁ」と、のこのこ現れても相手にしてもらえるはずもない。昨季は、田中は12月23日の神戸製鋼戦を最後にチームを離れ、ハイランダーズに合流。堀江も同じ神戸戦のあとでレベルズに合流。プレーオフ準決勝の東芝戦には一時帰国して出場したが、それを最後に再び渡豪。日本選手権には2人とも出場しなかった。

プレーオフファイナル前日の練習の様子。

プレーオフファイナル前日の練習の様子。

しかし、スーパーラグビーを1シーズン戦い、戦力として評価されて再契約を果たした2人は、1年前とは立場が変化していた。堀江はパナソニックの主将として、プレーオフまでは日本での活動を優先することで、概ね合意されていた。田中についても、昨年とは違う融通がきく状態になっていた……。
なんだか表現があやふやだぞ、と叱られそうだが、ファジーな表現になってしまうのは、この時期に日本の試合に彼らが出ることは、正式な契約に基づいているものではないからだ。

たとえば、プレーオフ前の田中の合流について。
「この時期はもともと、ハイランダーズの拘束期間なんです」と、パナソニック関係者は明かす。
「そこを我々が、ひたすらお願いして、あらゆるチャンネルを使って交渉して、こっちに出してもらったんです」

 

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ