君島良夫(SO/元NTTコム)の挑戦は続く−−オーストラリアからアメリカへ | Rugby Japan 365

君島良夫(SO/元NTTコム)の挑戦は続く−−オーストラリアからアメリカへ

2015/01/21

文●大友信彦


昨年春にNTTコムを退社、オーストラリア・シドニーの名門クラブ、ランドウィックで武者修行していたSO君島良夫が、今度はアメリカ西海岸の名門クラブ、OMBACでプレーすることになった。

君島は、清真学園から同志社大を経て2007年に当時トップイーストのNTT東日本に入社。中学時代にブラジル留学も敢行したほどの本格的サッカー少年だった時代に身につけた正確なゴールキックで2010年のトップリーグ昇格の原動力となり、昇格1年目の2010年にはリーグ7位の127得点、3年目の2012年には同3位の140得点。

2011年6月には、東日本大震災復興チャリティマッチでトップリーグ選抜のSOとして日本代表(JapanXV)と対戦した。2013年度もリーグ戦14試合中13試合に出場し、99得点はリーグ7位。トップリーグを代表するSOの1人だったが、シーズン終了後の昨年3月、チームから戦力外通告を受け、新天地を求めてNTTを退社。

トップリーグの他チームに移籍するには時期が遅く、条件が悪かったことから国外でのプレーを決意し、伝手をたどってチームを探すと、NTTコムの元チームメートで、エージェントをしているティム・レネヴェの紹介で、オーストラリア・シドニーの名門クラブ・ランドウィックでプレーできるチャンスを得た。君島は6月に渡豪した。

プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ